P1210445

夏になったら作ってみたい!と思っていた、「にがくてあまい refrain」に登場するスパイス素麺です。

2巻では渡米していたマキが帰国し、渚・真と3人での同居生活がスタート。既存キャラと新キャラの交流にワクワクします。

実の父親である七伏議員の私設秘書に採用され、働き始めた真。母を捨てた彼に思惑をもって接近した真は、夏祭りの夜にその悲壮な決意を渚に語ります。

祭りの後、自宅で渚が振舞ったのがこの素麺。

koma
※【コマ引用】「にがくてあまい refrain」(小林ユミヲ/小学館クリエイティブ)2巻より

冷蔵庫の残り野菜と半端に余ったスパイスが、オシャレな夏麺に変身。

素麺のアレンジレシピも最近はたくさんありますが、エスニック好きとしては気になるこの料理、果たしてどんな味なんでしょう。


では作り方を~(分量は作品を参考にしてください)
P1210405
材料:
・素麺
・プチトマト
・干し椎茸
・玉ねぎ
・小口ネギ
・クミンシード
・オリーブオイル
・醤油
・塩

プチトマトはヘタをとって半分に切り、玉ねぎは薄くスライスしておきます。

P1210407
干し椎茸は水でやわらかく戻したものを小さく切り、塩をもんでおく。

P1210421
オリーブオイル+しょうゆ+塩を混ぜてタレを作っておきます。

P1210423
クミンシードは香りが出るように軽くつぶしておく。

P1210427
トッピングとタレの準備ができたら、素麺を茹でてザルにあけ、水でもみ洗いしてよく冷やします。

P1210434
お皿に水気を切った素麺を盛り、玉ねぎスライス、プチトマト、塩もみした干し椎茸、小口ネギをトッピングします。

上からタレを回しかけ、仕上げにクミンシードを振りかけて完成。
P1210451

P1210447
けっこう具だくさん!

P1210470
渚いわく、食べるときは「容赦なく混ぜる!!」のがポイントのようです。

P1210472
食べた感想:
シンプルなオリーブオイル+醤油の和風タレに、クミンの香りがプラスされて食欲が刺激されます。

タレの味つけがちょっと濃いめかと思いきや、野菜たっぷりなので混ぜると丁度いい塩梅に。たっぷりのプチトマトに椎茸のうまみが加わって、食べごたえも◎。

「にがくあまい」でヴィーガン料理に挑戦するたびに、トマトと椎茸のうまみパワーのすごさを実感してしまう。

スパイス料理といっても和食と相性のいいシンプルな味つけなので、エスニックが苦手な人にもおすすめ。夏もそろそろ終盤ですが、いつも素麺に一工夫したいときにぜひ!




▽読者登録するとLINEで更新通知が届きます


▽Twitter(@pootan)はこちら


▽Instagram(@mangashokudo)はこちら
instagram_bn

▽YouTubeはこちら