藤子不二雄先生の時代から、子どものもとに居候としてやってくる異界の生物、というのはマンガにおいておなじみの設定。紺野アキラ先生「クジマ歌えば家ほろろ」も、ロシアからやってきた謎の怪鳥・クジマと主人公の中学生・新(あらた)の交流を描く作品です。クジマは、オ

つづき