P1030773

スーパーの精肉コーナーで売られていた、食品トレーにパンパンに詰まった豚ひき肉1キロ。どうして大量の肉を見るだけで人は豊かな気持ちになるのか……安かったので、後先考えずつい買ってしまった。

ラップに小分けして冷凍したものの、麻婆豆腐、肉そぼろ、餃子……といつものレパートリーしか頭に浮かばない。そういえばと思い出したのが、「オリオリスープ」4巻に登場する獅子頭(シーズトウ)鍋。

koma
※【コマ引用】「オリオリスープ」(綿貫芳子/講談社)4巻より

主人公の織ヱが勤める装丁デザイン事務所。その代表をつとめる片桐先生が脳出血で倒れた、と事務所に連絡が入る。

命に別状はないものの、リハビリを含めて復帰までには2か月ほどかかるとのこと。事務所の顔であり恩師でもある片桐先生の不在に、メンバーの間には動揺と不安が走る。

そんな様子を見た織ヱと弥燕がキッチンに立ち、作ったのがこの料理。
こぶし大の肉団子と白菜を煮込んで作る、台湾の家庭料理。大きな肉団子が土鍋にゴロゴロ入った迫力の光景に、事務所のみんなも思わず心を奪われる。

「大きな肉団子」ってそれ自体がかなりのパワーワード。目の前にしたら、確かに問答無用でテンションが上がりそうな気がする。大量のひき肉の消化にももってこいなので、白菜の旬でもあるこの時期に再現してみることに。

分量が載っているレシピは、クックパッド公式にあるのでご参考に。
P1030734P1030735
しいたけとレンコンをみじん切りにする。レンコンは酢水につけたあと、水気をきっておく。

P1030736P1030738
ボウルにひき肉を入れ、しいたけとレンコン、パン粉、しょうが、酒、しょうゆ、ごま油、コショウを加えて、粘り気が出るまでよくこね、こぶし大に丸くまとめる(手に油をつけると作業しやすい)。
フライパンに油を入れて熱し、ここに丸めた肉団子を入れて表面に焼き色をつける。

公式レシピでは丸ごと揚げていますが、今回は作中の描写にあわせてフライパン焼きにしてみた。ただ丸ごと揚げるほうが、揚げ色が均一でキレイに仕上がるのでお好みですかね。

P1030742P1030746
白菜は軸は細め、葉はざく切りにして、土鍋に敷きつめる。上に肉団子をのせ、水をそそぎ、醤油とごま油を足して火にかける。沸騰したら、弱火で20分ほど煮込む。仕上げにあらかじめ水でもどしておいた緑豆春雨を入れ、3~4分煮込んで完成。

P1030761
白菜がくったり煮込まれて美味しそう。

P1030778
春雨もいい感じにスープを吸ってくれている。

P1030786

P1030801
食べた感想:
大きな肉団子は、多めのパン粉でふんわり食感。みじん切りしたレンコンの歯触りもよくて、食べごたえはあるのにもたれる感じがない。肉団子の出汁を吸ったトロトロの白菜と春雨は、日本の鍋料理とはまた違う美味しさ。鍋というより煮込み料理に近いのかも。

ピンチのときだからこそ、お腹にしっかりたまって、栄養があって、温かい料理を。
正反対の性格の織ヱと弥燕がとっさに力を合わせたこのシーンは、のちにふたりで装丁の仕事を手掛けるエピソードの伏線にもなっていたのかもしれない。


弥燕さんが中国系ハーフという設定からか、「オリオリスープ」はほかにも中華系のスープ料理が登場して、そのどれもがアジアン好きにはそそられます。


▼更新情報をお知らせします