P1030358

koma
【コマ引用】「モーニング」2019年2号・3号「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より

年末の週刊モーニングに掲載される「きのう何食べた?」の月イチ連載はお正月かクリスマスネタになっていて、「今年はどちらかなー」と楽しみなのです。
今回はクリスマスでした。しかもこれまでのシロさんの定番献立が「2018版」としてリニューアルしている……!

ラザニヤ、鶏肉の香草パン粉焼き……10年変わらなかったあのクリスマスディナーの布陣が。先に言っておきますが安心してください、明太子サワークリームは今回も健在です。

毎年ほぼ同じ内容に飽きた。歳を重ねてさすがにボリューム的にキツくなってきた。

そんないくつかの理由から、リニューアルを断行。ちょうど太り気味なことを気にしていたケンジも、同じ気持ちだったようです。
リニューアルのテーマは、
  • デザートのケーキまで美味しく食べられるボリューム
  • その分食材をグレードアップ
の2点。

そこにケンジのリクエストも加わって完成した献立は
  • ビーフシチュー
  • シーザーサラダ
  • 明太子サワークリームとバゲット
それに赤ワインとデザートのショートケーキ。
確かにこれまでと比べると、シンプルです。

P1030238P1030241
作り方:(※分量は作品を参考にしてください)
まずは前日の仕込みから。
牛すね肉を赤ワインに漬けこんでおきます。お肉はせっかくなので奮発して、黒毛和牛のいいやつ。

漬けこみ用の赤ワインは、赤玉ポートワインのような甘口のものがおすすめだそう。いつも手持ちの適当なワインを使っていたので、調理用に使い分けるなんて新鮮。

赤玉ポートワイン、初めて飲んだけど確かにはっきり甘い。残りはホットワインやサングリアにも使えそう。 

P1030242P1030245
さて翌日、本番。
調理はトータルで3時間ほどかかるので、食べる時間から逆算して始めましょう。
厚手の鍋にオリーブ油を入れて熱し、取り出しておいた牛すね肉の表面を焼きます(赤ワインはあとで煮込む際に使うので捨てないこと)。

いったん肉をとりだし、そのまま鍋で薄切り玉ねぎを炒めます。

P1030246P1030247
玉ねぎがしんなりしたら肉を戻してさらに炒め、漬け汁の赤ワイン+水(使う市販ルーの表示にあわせる)を加えます。

P1030252P1030254
煮立ったらアクをとり、ローリエを加えて弱火にして3時間煮込みます。

P1030256P1030259
その間にほかの具材や献立の準備を。
にんじんは面取りをしてシャトー切りに(面取りした部分は一緒に煮込む)、マッシュルームはいしづきをとってペーパータオルできれいにしておきます。

P1030260P1030261
ブロッコリーは固めに茹でて、ざるにあけておく。

P1030267P1030268
サラダの準備もこのうちに。
ロメインレタスは洗ってちきっておく。ベーコンは細切りにしてカリカリに焼いておく。
ドレッシングは粉チーズ、マヨネーズ、無糖ヨーグルト、おろしにんにく、塩コショウを混ぜるだけ。

シーザーサラダのドレッシングっていつも市販品で済ませてきたけれど、意外と簡単だったんですね。

写真ないけど、トッピング用の温泉卵もこの時間で茹でておく。

P1030265P1030271
煮込み始めから2時間たったタイミングでにんじんを加え、そこから20分後に半分に切ったメークインとマッシュルームを投入。この時差で、それぞれの具材の煮上がりをちょうどよくするのがポイントのようです。

トータルで3時間煮込んだら、いったん火を止めて市販のビーフシチュー用ルウを溶かします。
(いつもハインツの缶を使っていたので、ルウは初めてかも)
10分煮込んだら完成!お皿に盛り付けて、ゆでおいたブロッコリーを添えて、生クリームを少したらす。

P1030380

昭和世代にとって、ビーフシチューは永遠のおセレブ料理。
ファミレスで注文するときでさえ、いまだに誇らしげな気持ちになってしまうくらい。

P1030413
仕上げにたらした生クリームがまた、昭和のごちそう感あってよい。

赤ワインは調理用と別に「しっかりめの赤」がおすすめのようです。
P1030396
3時間付き合った分、もはや愛情が芽生えている。

P1030436
手ごわそうだったすね肉も、3時間煮込んだおかげでホロリとくずれてやわらか。たっぷり鍋いっぱい作ったのに、一晩でなくなってしまった。

今回はハレの日なので国産牛だけど、ふだんはお安い輸入牛でも十分いけそうな気がする。

P1030423
サラダ界の花形・シーザーサラダ。
「サラダ=ヘルシー」という概念を打ち砕く、濃厚チーズドレッシングにカリカリベーコン、温玉の組み合わせもイベントを言い訳に無問題ということで。

P1030419
いろいろ様変わりした何食べクリスマス献立ですが、この子は健在でした。
一年に一度のお楽しみ、明太子サワークリームディップwithバゲット!

絶対ハイカロリーなのに、サワークリームの酸味が後口さわやかなので、「今食べているのは水切りヨーグルト…」と暗示をかけながら次々と食べてしまう。
もはやシロさん家の冬のスペシャリテといってもいいのでは。

そういえば先日実写化のニュースが出ましたが、記事によると放送は2019年の4月クールみたいですね(しかも安定のテレ東深夜枠!)。来年の楽しみが今からできて、うれしい。


シロさん家のこれまでのクリスマスメニューはこちら(写真含め今見ると恥ずかしいレベルの再現…)。 そのほかよしなが先生作品のクリスマスメニュー再現。
▼更新情報をお知らせします