P1000271
レストランが舞台の作品が好きです。
映画だと「ディナー・ラッシュ」「リストランテの夜」、漫画だと佐々木倫子先生の「Heaven?」、オノ・ナツメ先生の「リストランテ・パラディーゾ」があるし、「バンビ~ノ!」の戦場のような厨房シーンは今読んでもめちゃくちゃカッコいい。

最近読んだ「Artiste」も、レストランものの名作になりそうな漫画です。

「料理は芸術か」はたびたび議論になる話題ですが、タイトルの「Artiste」はフランス語で「芸術家」という意味。文字通り本作は「芸術家」としてのプロの料理人の世界を描く作品です。

主人公・ジルベールはパリのレストランで働く青年。一流ホテルの厨房出身でありながら、今の店では皿洗いと雑用係。

彼は実は「動物級の味覚と嗅覚」を持つ天才なのですが、幼いころから周囲にその特殊能力を気味悪がられ、職場でもトラブルを起こし、今ではすっかり「コミュ障」に。心の底では料理の前線に戻りたいと思いつつ、染み付いた臆病さゆえに踏み出せずにいます。

しかし、ずかずかとコミュニケーションをとってくる職場の新人・マルコの自由奔放さや、彼の才能を見抜いた同僚たちの応援を受け、臆病だった彼の心は徐々に開いていきます。

新しくオープンする予定のレストランに引き抜かれ、料理人復帰することになったジルベール(しかも花形のソース担当として)。
新生活のため、たまたま探し当てた物件は「芸術家専門」の格安アパルトマン。

以前は仕事と家の往復だけで、自炊もろくにしていない状態でしたが、部屋に備え付けられたキッチンを見て思わず心がうずきます。しかも「誰かのために料理を作りたい」という純粋な気待ちとともに。

koma
※【コマ引用】「Artiste」(さもえど太郎/新潮社)2巻より

真新しい調理器具で作ったのが、クロックムッシュ。

日本でもおなじみの軽食ですが、ソースから丁寧に作り、焼きあがったオーブンをおそるおそる開けるシーンは、「料理人のリハビリ」のよう。
(ちなみにアパルトマンで飼われているネコの名前も「クロックムッシュ」)
P1000012P1000015
材料はパン・ド・ミ、グリュイエールチーズ、ロースハム。それからベシャメルソース用にバター(30g)、小麦粉(30g)、牛乳(500cc)、ナツメグ、塩(※分量は参考まで)。

パン・ド・ミは自宅にあるパナ製のホームベーカリーのレシピで焼いたのですが、ようはフランス版の食パン。皮が美味しいバゲットと対照的に、中身が美味しいから「パン・ド・ミ(中身のパン)」と呼ばれているようです。

鍋にバターを入れて弱火で溶かします。
P1000017P1000019
いったん鍋を火からおろして小麦粉を入れ(このほうがダマになりにくい)、木べらでツヤが出るまでよく混ぜます。

P1000023P1000027
コンロに戻して弱火にかけ、牛乳を少しずつ加えてなめらかになるまで混ぜます。
粉っぽさがなくなったら、ナツメグ、塩で味付け。

P1000032P1000036
仕上げにシノワで漉したら完成(うちは粉ふるいで漉しました)。
残りのベシャメルソースはグラタンやシチューなどに使えるので冷凍してどうぞ。

P1000065P1000062
クロックムッシュはパンを2枚使って、間にソースや具をはさむものも多いですが、作中では厚切りのパン1枚を使っているのでそれにならいます。
4枚切りのパン・ド・ミにベシャメルソースをたっぷりと厚く塗ります。

続いてロースハム(奮発してブロックタイプのハムを買ってしまった)を薄切り。
P1000067P1000070
パンの上に乗せ、続いてグリュイエールチーズも乗せます。

200度に予熱したオーブンでじっくり20分。
P1000217
うおおおお(歓声)。

焼きたての熱いうちにいただきます。
P1000233

P1000265

P1000108
食べた感想:
グリュイエールチーズは、チーズフォンデュにも使われるだけあり濃厚な味で、シンプルなトーストにぴったり。優しい味のベシャメルソースと相まって、まるでパンの上で食べるグラタンのよう。

それからオーブンでじっくり焼く効果なのかわからないけれど、パンがやたらと美味しいのです。耳がサクサクしていて、バターの香りがふんわり立ちのぼって、たまらん……。思わず2日連続で作ってしまったほど。


新しい環境で料理人としての再スタートをきったジルベールですが、店に集められたのは一癖も二癖もある同僚シェフたち。
臆病な彼が、不器用に一歩ずつ人間関係を築いていく過程は、お仕事漫画としてもグッとくる作品です。


このエントリーをはてなブックマークに追加