_1370915

きくち正太先生の食エッセイ漫画「あたりまえのぜひたく。」第2集から、ネギタコ天を再現してみました。

毎年、ご友人からたくさんの深谷ネギが届くというきくち家。その数なんと200本近く。
脇役のイメージが強いネギ、そんなに食べきれるのか……と担当編集氏は心配しますが、ネギを主役にする必殺メニューがこれ。名前は「ネギタコ天」ですが、あくまでもメインはネギ、のようです。

koma
※【コマ引用】「あたりまえのぜひたく。 魚愛が試される、それが煮魚。」(きくち正太/幻冬舎)より

きくち先生の料理といえば、食材の旬や伝統を大事にしつつも、センスある斬新な発想が魅力的ですが、これも小料理屋風の一品と見せかけて、最後に大どんでん返しが待っている楽しい料理です。

DSC01422
ちょうど深谷ネギが売っていたので調達。もし手に入らなくても、なるべく太くて立派なものを選べばOKかと思います。

P1350686P1350687
作り方:(※分量は作品を参考にしてください)
ネギは食べるとき芯の部分が飛び出しづらいよう、短め&ナナメに切っていきます。
タコはネギよりも小さめの乱切りにし、キッチンペーパーで水気をよくふいておきます。分量はネギより少な目でOK。

P1350692
ボウルに薄力粉、冷水を入れて軽く混ぜます。それから切ったネギ、タコ、汁気を切った紅ショウガに薄力粉をまぶしておきます。

P1350694P1350695
まずはネギにコロモをつけ、こんがりと焼き色がつくまで揚げます。

P1350700P1350702
次はタコ。コロモをつけ、これはネギより短めに揚げます。
最後に紅ショウガをコロモに遠し、小さなかき揚げをいくつも作ります。

P1350708
全部揚げ終わったのがこちら。

_1370905
これを皿に盛り合わせて、塩や天つゆで上品にいただくかと思いきや…

_1370926
かつおぶしをのっけ、

_1370934
中濃ソースドブドブ

_1370940
マヨネーズで食べるという禁忌。

さくっと揚がったコロモに、ネギの甘みとジューシーなタコ、薬味の紅ショウガが混然一体となって、口のなかでタコ焼き風に仕上がります。
もっと正確にいうと、タコ焼きから「ふわトロ」を抜いた感じ、でしょうか。
「銀だこ」のようなクリスピーなタイプが好きな方には、特にたまらない味かもしれません。当然ビールに最高。

もちろん通常の天ぷらのような食べた方でもおすすめです(家人はタコ焼きも天つゆ派なので、これもそうして食べて気に入っていた)。
ネギは下仁田ネギのように、さらに太くて柔らかいタイプで作っても美味しいかもしれない。

そういえば去年、きくち先生(&奥様)の手料理が実食できる夢のようなイベントがあったらしく…!
https://natalie.mu/comic/news/254616
なんで見逃してしまったんだ…!と、いまだに絶賛後悔中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加