nakatani

おじさんが、わちゃわちゃしてる物語が好きだ。
唐突になんだと思われるかもしれませんが、おじさんというのは、フィクション、とくにビジュアルが人気に直結しがちな漫画においては、どうしても冷遇されがちな存在。

美中年は別として、普通のおじさん(おばさんも)が主人公の作品は少ないし、「登場人物、ほぼおじさん」となると、もうそこに書き手の愛がないと描けないのではと思う(読み手は楽しいけど、おじさんばっかり描くのはやはり大変だと思う)。

たむらあやこ先生の「楽園タクシー配車日報」はひさびさに、おじさんわちゃわちゃ感を存分に楽しめて、最高に笑える漫画でした。

とある北の町で営業する、小さなタクシー会社「楽園タクシー」。
暴れん坊だがカツラをとるとおとなしくなる荒井さん、「さしすせそ」が壊滅的に言えない横川さん、最低の人間性を誇る元自衛官の滝山田など、ワケあり、クセありのドライバーたちをまとめるのは、主人公で配車係の中谷さん。

そんな一見まともそうな中谷さんにも、病的なクセがありました。
営業所のなかで一番自炊をし、有料で他の従業員にもふるまうほどの腕前ですが、
どんなメニューも五目化してしまう」という恐ろしい病にかかっているのです。

koma2
※【コマ引用】「楽園タクシー配車日報」(たむらあやこ/講談社)1巻より

ナルトやもやし、きくらげ、ムール貝、ホタテなどが入った塩ラーメン……はまだいいとして、
koma
※【コマ引用】「楽園タクシー配車日報」(たむらあやこ/講談社)1巻より

五目化したクリームシチューはカオスとしか言いようがない。
なぜかムール貝が必ず混入しているのも闇が深い。

「いっぱい入ってたほうがうまいべ!?」
というのが中谷さんの持論のようですが、他人からは「味がうるさい」「すべてが主張しすぎて味がまとまらない」と不評のよう。
(ちなみに、五目らない唯一のメニューは「ホットケーキ」だそうです)

見かねた従業員は
「一回ワカメだけの味噌汁作ってみろ!」と中谷さんにやってトライさせますが、結果は……。
オチがまた最高なので、ぜひ読んでいただきたい。

そして中谷さんの五目料理は、実際に美味しいのかそうでないのか。
ラーメンとシチューで検証することにしました。

_1360751
まずはラーメンから。
具材はナルト、きくらげ(水で戻す)、もやし、ホタテ、ムール貝、うずらの卵、豚肉、キャベツ。
それに中華麺と、顆粒の鶏がらスープを用意しておきます(市販の塩ラーメンでもいいかと)。

_1360758 _1360755
みじん切りしたにんにくをごま油で熱し、豚肉を色が変わるまで炒めたら、ホタテとムール貝を入れて炒める。ムール貝は火が通ったら貝がらから外しておきます。

_1360764
野菜ときくらげ、うずらの卵を入れて炒め、塩コショウ。
今回は八宝菜風になるよう、仕上げに鶏がらスープを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけてみました。

ゆでた中華麺とスープを丼に入れ、盛り付けたら…

_1360817
中谷ラーメン(塩)の完成。
やたらと豪華な見た目です。
実際に食べると、これは普通に美味しい。中華と五目は相性がいいし、違和感のある具材もないので、当然といえば当然かもしれない。

次は問題の五目シチューです。
_1360914 _1360918
具材はかまぼこ、うずらの卵、きくらげ、こんにゃく、豚肉、ベビーコーン、人参、じゃがいも、エビ、ムール貝。
気づいたけど、きくらげとうずら卵が入ると大抵のものは五目りますね。

シチューのルーは、中谷さんのキャラ的に、小麦粉とバターを炒めて…という感じではなさそうなので、市販品を使います。

作中に出てくる器は「三平皿」。
聞きなれない食器ですが、北海道では三平汁を食べるときにおなじみのアイテムだそう。本州では「なます皿」として知られ、具材が多い汁ものを入れるのにちょうどいい食器です。
(三平皿そのものは手に入れられず、今回はサイズがほぼ同じものを探しました)

_1360922 _1360924
厚手の鍋にサラダ油を入れて熱し、豚肉を炒め、続いて魚介類、酒(日本酒か白ワイン)を入れて炒めます。手でちぎったこんにゃく、野菜を軽く炒めたら水を入れて煮込み、

_1360930 _1360932
いったん火を止めてルーを入れ、仕上げに牛乳を加えて煮込んだら完成。

_1370003
中谷シチュー(クリーム)
渋い……見た目から渋いクリームシチュー。

P1360987
実食してみると、これが意外と悪くない。
こんにゃくやかまぼこといった、異端系の食材もなじんでいて「和風シチュー」と考えたら全然いける味です。
パンよりご飯、ワインより日本酒が飲みたくなるクリームシチュー。

結論。五目化はわりとどんな料理でもイケる。

中谷さんの五目病が再現できて満足ですが、一番食べてみたいのは、営業所総出で作るこだわりの「楽園漬け」。材料にこだわった、プロ顔負けの漬物、気になる。


たむら先生は、ご自身の闘病を描いたこちらのエッセイもおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加