_1350850
スープでめぐる季節の食物語「オリオリスープ」2巻より、焦がしネギの中華風スープを再現してみました。

この料理、「マンガのなかにマンガ飯が登場する」という、なかなかないシチュエーションに登場しますw

koma
※【コマ引用】「オリオリスープ」(綿貫芳子/講談社)2巻より

織ヱと同じアパートに住む、謎の男・小番(こつがい)さん。見た目は極道風ですが、その正体は人気少女漫画家・間宮あかね先生。

偶然にも彼の単行本の装丁を担当することになってしまった織ヱは、仕事のために読み始めた彼の作品の世界にどっぷり入り込むことに。

その漫画「千年王国の娘ユエリン」は中華風ファンタジーっぽい設定のようで、そこで主人公が食べるスープに織ヱは「おいしそう」と目が釘付けになります。

実在のスープじゃないし…これはもう自分で作るしか…
とブツブツ言ったり、完成した際に「すごい!!なんかソレっぽい!!」とスマホで料理を撮影する姿は、他人と思えない感ある……。

材料もすぐ手に入るものばかり、エスニック風の味付けも美味しそうで、期待とともにいざ料理。
ちなみにオリオリスープはクックパッドに公式レシピがあり、分量なども掲載されています(神)。作り方はそっちを見たほうが早いかも。

_1350648P1350778
今回の主役はネギ。長ネギとと万能ネギを用意します。
長ネギは3~4センチのぶつ切り、万能ねぎはみじん切りに。

P1350779P1350780
厚手の鍋にごま油を入れ、白ネギを両面焼き色がつくように焼きます(案外すぐ焦げるので注意)。
しんなりしたら、水と鶏がらスープ(顆粒)を入れて煮込みます。

_1350654_1350655
その間に肉団子を。
ボウルに豚ひき肉とみじん切りしたしいたけ、パン粉、卵、塩、コショウ(多め)を入れてよくこねます。しっかりした食感になるよう、パン粉は少な目にするのがポイントのようです。

P1350784P1350787
鍋に肉団子をスプーンですくって入れていきます。アクを丁寧にとったら、仕上げに万能ネギをどっさり入れ、隠し味程度のナンプラーを加え、塩コショウで味を調えて完成。

_1350828
ごま油とレモン汁をたしていただきます。

_1350847
食べた感想:
みっしりした肉団子は食べごたえ十分ですが、何よりもネギが、焦がしたネギが甘くて香ばしくて美味しい……! ナンプラーとレモンを加えた、エスニックっぽい風味も好みです(個人的に、オリオリはレモンの使い方がめっちゃ好みのレシピが多いです)。春雨を入れて食べごたえをプラスしたら、立派な一食にもなりそう。

そういえばもうすぐ最終巻(4巻)が発売されますね。3巻のラストが「弥燕さんどうなってしまうん…!」的な展開だったので余計に気になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加