_1350437
「舞妓さんちのまかないさん」2巻から、イカメンチを再現してみました。
1巻ではまかないをつとめるキヨちゃんのお仕事が中心でしたが、2巻では彼女と一緒に青森から上京した「すーちゃん」ことすみれの舞妓デビューが描かれます。

周囲から「100年に一度の逸材」とまで言われ、自身も努力を怠らないすみれ。ストイックな彼女の性格を、瞳を見開くアップの表情で描いた10話の一コマは、はっとするような美しさでした。

そんな花柳界期待の星になりつつある彼女も、キヨにとってはいつまでも同郷の親友「すーちゃん」。
日々自分を追い込み、食事もままならない彼女のために「すーちゃんがうっかりたくさん食べてしまう」秘策を用意します。

それは「イカメンチ」。
みじん切りしたイカと野菜、粉類を混ぜ合わせてからりと揚げた、ちょっと甘くてご飯がすすむ、ふたりの郷里・津軽の味。

koma
※【コマ引用】「舞妓さんちのまかないさん」(小山愛子/小学館)2巻より

「イカメンチ 津軽」で調べると、確かにご当地料理として愛されているようですが、どんな味なんでしょう。作り方も家庭によって違うようですが、キヨちゃんの説明を参考に、想像で再現してみることにしました。

_1350409
材料は、何はなくともまず生イカ。
野菜はコマの絵から判断して、ニンジン、玉ねぎ、ネギを使います。

_1350412
イカは内臓をぬいて皮をはぎ、全体を包丁でみじん切りにします。
イカはぬめりもあるし、ここまでやるにはなかなかの重労働。

_1350413
野菜(ネギ、ニンジン、タマネギ)も細かくみじん切りにします。

_1350415
ボウルでみじん切りした野菜とイカを混ぜ合わせ、

_1350418
小麦粉、片栗粉、砂糖、塩を入れ、、水っぽくならないよう調整しつつ混ぜます。
※分量メモした紙が行方不明なのでまた追記します…

_1350423
サラダ油を熱し、スプーンで一口大にすくって揚げます。

_1350426
両面がキツネ色に揚がったら完成。

_1350496
ソース、ケチャップ、醤油、どれでいくか……とりあえず全部並べてみる。

_1350501
食べた感想:
さくっ、ふわっと優しい食感の衣に、イカと野菜のうまみ。さつま揚げ風の少し甘めの味つけは、そのまま食べても美味しい。ご飯にもビールにも合うし、ソースをかけてもいいし、ケチャップ、醤油、塩……と、小山先生のメモどおり、何をかけるか迷うほど何にでもぴったり。

そしてところどころコリコリしたイカの食感は、包丁で丹念にたたいたゆえのおいしさ。フードプロセッサーでやればもっと手軽にできそうだけど、このランダムな食感はやっぱり捨てがたいです。

すーちゃんがこのイカメンチを食べるシーンはエピソードのなかに描かれていませんが、懐かしい郷里の味と、キヨからのエールにきっとパワーをもらったことでしょう。 

このエントリーをはてなブックマークに追加