_1340725

「美味しんぼ」92巻に登場する、タマネギの釜飯を作ってみました。
これ、これまで自分で再現した「美味しんぼ」料理のなかでは、個人的に一、二を争うほどの美味、しかも簡単でおすすめです。

「美味しんぼ」(雁屋哲/花咲アキラ/小学館)92巻より
※【コマ引用】「美味しんぼ」(雁屋哲/花咲アキラ/小学館)92巻より

近年の「美味しんぼ」は読むときに気合いがいる、重厚なシリーズものが多いですが、たまにはさまれる小規模なエピソードも健在。92巻収録の「凶器なお野菜」も、気軽に読める一話完結ものです。

道すがら、刻んだ玉ねぎを顔にぶっかけられるというイタズラに遭った山岡。たかが玉ねぎ、されど玉ねぎで、目と鼻をやられて絶叫するほどの被害に。

その後、はるさんの店に居合わせた白沢探偵の協力で、家庭に事情をかかえた少年が「タマネギ爆弾」の犯人だと突き止めます。
彼に「タマネギの本当の価値と正しい使い道」を知ってもらうため、おいしい玉ねぎ料理の数々をふるまうことに。

「タマネギの釜飯」はそのなかで紹介された料理のひとつ。作り方を見るかぎり、土鍋ひとつでできてシンプルですがご馳走感があります。

P1340648
作り方:
主役の食材、玉ねぎ。
小ぶりサイズのものを、縦にざっくりと6つ割りにします。

玉ねぎといえば、あの栗原はるみ先生も料理番組で「涙が出るから、みじん切りは苦手」と言っていて、あれだけ料理をする方でも克服できないとは……と驚きました。まさに野菜界の凶器。

私もゴーグルをつけたり、割りばしをくわえてみたり、鼻にティッシュを詰めたり、と人に見せられない方法までいろいろと試したけど、いまのところ一番効果があるのは「冷蔵庫で冷やした玉ねぎを使う」かもしれない。

P1340655
土鍋に吸水させた米と水、醤油、酒を加え、上に切った玉ねぎ、それから骨付きの鶏もも肉をドーンと乗せ、炊き上げます。

P1340664
炊けたどー。
これだけでも美味しそうですが、鶏もも肉をいったん取り出して……

P1340671
骨から外して、肉を細切りに刻みます。

P1340674
鶏肉の味が薄めだったら、ボウルに刻んだ鶏肉と調味料(煮切った日本酒を、醤油で割ったもの)を入れ、よく絡ませておきます。

P1340677
おこげもあるでよ。

P1340685
土鍋から玉ねぎご飯をよそって、

P1340692
味つけした鶏肉をのっければ完成。

_1340701
食べるときは、鶏肉をご飯全体にまぶすようにしていただいます。

_1340722
食べた感想:
骨付き鶏と玉ねぎのうま味がしみたご飯に、トロトロの玉ねぎ。味付けも醤油と酒のみとシンプルなのに、確実に「手間以上」の味がします。

玉ねぎ料理として登場していますが、鶏肉のおいしさにも驚いてしまった一品。
刻み肉なのにパサつきがなくしっとりジューシーで、まるで和風のシンガポールチキンライス(←日本語として破綻)のような味わいです。

「美味しんぼ」のなかでも手軽にできるメニューなので(炊飯器でもいけると思います)、普段の献立にもおすすめです。

(しかし今回の記事、全体的に画面が茶色いですね……)

このエントリーをはてなブックマークに追加