「BEASTARS」(板垣巴留)の朝食

「BEASTARS」(板垣巴留/秋田書店)1巻より
※【コマ引用】「BEASTARS」(板垣巴留/秋田書店)1巻より

最近読んだ「BEASTARS」が面白すぎたので、完全に勢いで作ってしまった。

さまざまな種目の動物たちが暮らす世界にある、全寮制のチェリートン学園。
ある日、学園内でアルパカの生徒が肉食動物に殺される事件が起こる。生徒の間に緊張が走るなか、演劇部の照明係として目立たない存在だったハイイロオオカミの「レゴシ」は、真っ白なウサギの「ハル」に出会い、恋をしてしまう。

肉食動物と草食動物が共存できるように作られた世界、というとディズニーの「ズートピア」を思い浮かべますが、「BEASTARS」は動物たちの本能、捕食と被食の関係が、より生々しく描かれています(異種恋愛や「性」の部分まで突っ込んでいて「そこまで描くなんて…!」とびっくりした)。

主人公のレゴシは、オオカミらしい体格ながら繊細で優しい性格。板垣先生が昔からずっと描いてきたキャラクターのようで、温められた年月の分、とても魅力的。いつの時代も「気は優しくて力持ち」こそ最高のイケメンです。

「BEASTARS」(板垣巴留/秋田書店)1巻より
※【コマ引用】「BEASTARS」(板垣巴留/秋田書店)1巻より

リアリティのある、作りこんだSFのような設定も本作の魅力。
この世界では「肉食」はご法度で、そのためレゴシたち肉食動物は、豆類や乳製品から蛋白質を摂取しています。
寮の朝食の献立も「トースト、スクランブルエッグ、豆バーグ、牛乳」という内容(卵は無精卵ならOKのよう)。

一方で草食動物用のメニューは「蒸し野菜、おからのドーナツ、豆乳」。こちらは乳製品もNGで、ビーガンっぽい感じなんですかね。

今回はこの肉食・草食の学食メニューを再現してみました。
豆製品
食材として豆製品が大活躍。
おからはドーナツに。ひよこ豆と大豆の水煮は、あわせて豆バーグに使います。

ひよこ豆と大豆豆(ペースト
豆バーグ:(作り方は作中にないので勝手に想像)
ひよこ豆と大豆の水煮缶はさっと洗い、水気を切って、フードプロセッサーで滑らかになるまで攪拌。

にんじん豆(ペースト
ハンバーグ風なので炒めた玉ねぎを入れようかと思ったけれど、動物にネギ系はNGなので、みじん切りしたニンジンをかわりに使うことにしました。
豆のペーストと炒めたニンジン、パン粉、卵液、塩を入れてよくこねます。

豆バーグ(焼く豆バーグ(焼く
小判型に形をととのえ、油をひいたフライパンで両面をきつね色になるまで焼いたら完成。

おからドーナツ蒸し野菜
おからのドーナツ&蒸し野菜:(写真撮り忘れた)
生おからとホットケーキミックス、豆乳を混ぜてこね、小さ目のドーナツ型に成形して、180度の油で揚げます。
蒸し野菜はニンジン、じゃがいも、ブロッコリー。一口大に切って蒸します。

「BEASTARS」(板垣巴留)の朝食
学食っぽく盛りつけてみました。

肉食用の朝食
肉食用の朝食。
(大阿蘇牛乳が必要以上に目立ってしまった)

豆バーグ
豆バーグはなるべく香辛料を使わないようにしたので、シンプルな味ですが、思ったより食べやすい。
今回はペースト状にしてしまったけど、肉っぽい食感にするなら、豆をもう少し粗くしてもよかったかも。

草食用の朝食
こちらは草食用メニュー。
おからドーナツは、卵やバターを使わなかったので、やたらと噛みごたえのあるどっしりした食感に仕上がりました。

動物が食べるのをイメージしながら作っていたら、どちらも薄味で、ちょっとセレブなペットフードのようになってしまった……が、自己満足の再現としてはこれでいいのかもしれない。

しかし少年誌連載のマンガにハマると、刊行スピードが早いので幸せですね…。

(余談)流れで見たくなって、懐かしの「メイプルタウン物語」(YouTube)探しちゃったのですが、今見てもめっちゃかわいいすな…!
にんげんはみんな獣人がすき。

このエントリーをはてなブックマークに追加