_1310603

「ダンジョン飯」4巻が新展開でめちゃくちゃ面白かった!
興奮冷めやらぬうちに、レッドドラゴンの献立を(無理やり)作ってみましたを。
以前、比較的作りやすい野菜と鶏のキャベツ煮 を再現したことがありましたが(あと「このマンガがすごい!2016」の企画でも2品作らせていただいたんだった)、久々の料理です。

作ってみたいメニューはたくさんあるけれど、ほとんど非実在食材なので、「あ、あれ使えるかも」と自分のなかで代替食材がピンとこないと、なかなか再現できないのが悩ましい。

koma
※【コマ引用】「ダンジョン飯」(九井諒子/KADOKAWA/エンターブレイン)4巻より

といっても、今回の食材はモンスター界の超大物・ドラゴンです。
どう考えても絶対手に入らないやつ……しかも大ガエルやバジリスク(鳥類)と違って、類似する生物もないので食材の代替も難しい。

でもこの献立が登場するシーンは(まだ読んでない方のためにネタバレ伏せますが)、これまでのエピソードのなかでも特に印象的だったので、どうにか作ってみたい。
そんなとき、作中のライオスの「魂の食レポ」的なセリフ
なぜ他の生物で竜の味を表現する必要がある!?
にハッとしました。
竜は竜でしかないし、現実に手に入らないのだから、あくまでも勝手に妄想でやっちゃうしかないのだ。

ローストレッドドラゴン

最初は「モンスターっぽいのがいいなあ」とワニを候補にしていたのですが、通販できるワニ肉は白っぽく鶏肉に似ていてどうもイメージと違う。

キャラクターたちの食レポを要約すると「赤身でしっかりした歯ごたえ」「独特の風味」、そして「牛でも豚でもない」というセリフもあります。ここから消去法的に「鹿肉」を使うことに決めました。

P1310364 P1310367
鹿のモモ肉を1キロ。
充分に解凍したら、一番厚みのある部分を残しながら、長方形のブロック状にカットし、塩コショウします(残りはミンチにしてミートソースにした)。

これをローストビーフ風に調理していきます。
作中のセンシの作り方を整理すると
1.燃える竜から肉を切り出す(→この時点である程度肉に火が通っている?)
2.熱した竜のウロコを鉄板がわりにして肉の表面を焼く
3.調味料に漬ける
という工程。

P1310379 P1310383
ということで、まずは肉をじっくりローストします。
うちのオーブンレンジは性能的に頼りないので、今回は「めしにしましょう」のときを参考に、お湯につけて3時間放置する低温調理を再び。

鹿肉は作中のキレイなブロック型に近づけたいので、型崩れを防ぐために長方形の容器にぎゅぎゅっと押し込んでおきます。

P1310384 _1310418
大きな鍋に湯を沸かして、ジップロックにくるんだ肉を入れ、鍋ごと保冷バッグと毛布にくるんで保温して放置。

さて次は、肉を焼く「竜のウロコ」です。これはタマネギのピザパンを焼くときにも使っていたので、鉄板&ピザストーンの性能を兼ねる調理器具が必要です。
_1310425
今回使うことにしたのは、溶岩プレート。天然の溶岩を加工したもので、高い蓄熱性が特徴。バーベキューでも人気のアイテムのようです。
これなら直火で肉も焼けるし、ピザストーンとしてオーブンにも放り込める。しかしめちゃくちゃ重いです、これ。90年代のノートPCくらいの重量はある。 

_1310428 P1310487
よく熱した溶岩プレートには網を斜めに敷いて、作中のような格子の焼き目がつくようにしました。

_1310446
焼いた肉は、調味料(赤ワインと塩コショウ)にしばらく漬け込みます。
ローストビーフって漬けこんでから焼くレシピが多いけど、逆もあるんですね。

_1310533
ローストレッドドラゴンの完成!
ローストビーフを作るときは、毎回切ってみるまで火加減がうまくいったか心配なのだけど、なんとかきれいなピンク色に。

ドラゴンテールスープ

さて次はドラゴンの尾身を使ったスープ。
P1310386
これは、先日「空挺ドラゴンズ」の再現で余っていた牛テール肉を使うことにします(よく考えたら2回目の偽装龍肉料理ですね)。

P1310391 P1310393
テール肉は水から茹でこぼし、アクなどの汚れや余分な脂を掃除します。

P1310394 _1310475
香味野菜として、ニンニクやネギを入れたいところですが、作中通りにするなら使える材料はタマネギとカブだけです。今回は新タマネギの薄皮の部分と一緒に煮込むことにしました。
2~3時間ほど弱火で煮込んだら、ざく切りにしたタマネギ、カブを加えて火が通るまで煮込み、塩コショウで味をととのえて完成。

_1310680

タマネギのピザパン

最後に作るのは、タマネギとチーズだけのシンプルなピザパン。
_1310450 _131046
強力粉と塩、水(ぬるま湯)、酵母(今回はイースト)をよくこねて1時間ほど一次発酵させ、ガス抜きをして濡れふきんをかぶせ、15分ほど寝かせ二次発酵させます。
生地を20cm程度に伸ばし、フチを残してフォークで穴をあけておく。

_1310467 _1310470
とろけるタイプのチーズを散らし(私は砕いたラクレットを使いました)、薄く小麦粉を振った溶岩プレートに乗せてオーブンで焼きます。

_1310558

食べてみた感想

_1310679

使っているのはどれも普通の食材だけど、ぜんぶ並べてみるとなんだか冒険者の食卓っぽく見えて楽しい。

_1310670
焼きたてのせいもありますが、ピザパンはタマネギとチーズだけと思えないほど美味しい。これに薄く切ったローストドラゴンをのっけて食べるシーンがたまらなかったので、マネしてみた。

_1310699
ローストドラゴンは、厚めに切ると「しっかりした歯ごたえ」が味わえます。
みんなで食べているシーンのコマをよく見ると、肉にソースがかかっているので、残った赤ワインの漬け汁に調味料を色々足して煮詰めたものをかけてみた。

_1310692
最後にテールスープ。コムタン風に白濁させるか迷ったけど、今回は洋風っぽく澄んだスープに。
少ない材料で作るシンプルな一品だけど、野菜の甘みがしっかり出ていてほっとする味でした。

物語が進むにつれて、キャラクターだけでなく背景となる世界観が深堀りされていくのにワクワクします(4巻でなにげにツボだったのは、チルチャックの「共通語は罵倒の語彙が少なすぎる!」でした)。緻密なファンタジー(ここまで設定が濃密だとSFにも思えてくる)としてもすごい漫画。


【えぞ鹿(蝦夷鹿) 内モモ】(冷凍・不定貫/1kgあたり3880円)【05P03Sep16】
【えぞ鹿(蝦夷鹿) 内モモ】(冷凍・不定貫/1kgあたり3880円)【05P03Sep16】

このエントリーをはてなブックマークに追加