_1300791

「マンガ大賞」ノミネート作品ということで手に取った「空挺ドラゴンズ」。
龍を追って各地を旅する飛空艇(捕龍船)を舞台にした、冒険&グルメ漫画です。

ノスタルジックなタッチの絵や緻密な世界観など、昔のアフタヌーンを彷彿とさせて(good!アフタヌーン連載のようですが)、一発でハマってしまいました(毎年思うけどマンガ大賞ノミネート作品は、ほとんどハズレないです。大賞以外ももっと読まれて欲しい)。飛空艇暮らしの描写など、ジブリ、特にラピュタが好きな人にはたまらないはず。

ファンタジー世界を舞台にした「ダンジョン飯」と同様、本作も非実在食材がたくさん登場します。その代表格が「龍」。

koma2
※【コマ引用】「空挺ドラゴンズ」(桑原太矩/講談社)1巻より

第1話に登場するのは、「龍の尾身」のステーキをはさんだサンドイッチ。
龍を仕留めて食べることに人一倍のこだわりを持つ主人公・ミカが作るメニューです。

koma
※【コマ引用】「空挺ドラゴンズ」(桑原太矩/講談社)1巻より

さて、この龍の尾身。「龍の尾の付け根の肉」と説明されていますが、コマに描かれた絵を見ると、その名の通り輪切りにされたしっぽの周囲に、赤身の肉がついているような形状です。
当然こんな肉は現実に見当たりません。

koma3
※【コマ引用】「空挺ドラゴンズ」(桑原太矩/講談社)1巻より

エピソードの最後にお店で食べるステーキも↑こんな形ですが、これにそっくりなのはまぐろのテール。かといって、まぐろ肉で再現するのはちょっとしっくりこない……せめて陸の動物の肉で作りたいなー。

_1300551
陸の動物で手に入りやすいのは、やはり牛のテールです。
しっぽがスパっと切断されたようなビジュアルは理想的だけど、可食部は少ないし筋張っていてステーキにするには不向きです。

_1300548
一方、牛の臀部のうち、しっぽの付け根に近い部位として知られる肉が「イチボ」。
焼き肉屋さんでもたまに見ますが、やわらかい食感からステーキにもよく使われ、今回のメニューにもぴったりの予感。

ただ、部位としてはふさわしいけど、これをそのまま焼いても単に「牛ステーキ」にしかなりません。どうにかして、龍を焼く気分を味わえないかしら……。

そこで思いついたのが、肉の魔改造です。
イチボ肉+牛テール肉で理想の肉を作っちまおうという算段です。
_1300554 _1300568
イチボ肉の余分な脂をカットして(この部分は後でステーキを焼く際に使います)、中央を包丁でカットし、テール肉(小さめのもの)を隙間なく埋め込みます。はがれにくいように、テール肉の周囲には小麦粉をまぶしておくのがおすすめ。

_1300581
これが牛肉から「龍の尾身(風)」に魔改造された肉である……。
なんか禁断の行為に手を出したマッドな気分になりましたが、よく考えたら大したことしてないですね。
より魔改造度を上げるなら、牛+豚とか異種混合するのもアリかもしれない。

肉はラップにくるんでなじませ、焼く前に常温に戻して岩塩とコショウをしっかり両面に振ります。
_1300601
岩塩の存在自体がファンタジーっぽい。

_1300614
ラップにくるんで寝かせたおかげか、テールとイチボがの境目が馴染んで、ほんとにこんな肉がありそうな気がしてきた。

_1300621
肉を焼いてゆきます。熱したフライパンに「龍の皮の脂(切り分けたイチボの脂身)」を溶かして

_1300627
肉を投入し、強火で1分→弱火で1分。

_1300629
裏返して、強火で30秒→弱火で1分半。

_1300639 _1300640
仕上げに「ワインウォッカ(=これは「ブドウの蒸留酒」と解釈してブランデーを使用)」をひとたらしし、アルコールを飛ばし完成。フランベしたら思ったより激しいことになった。

_1300647
焼いた肉は3~5分ほど寝かせるとジューシーになる、というレシピページのアドバイスに従い、アルミホイルにくるんでしばらく放置。

_1300367
その間にパンをあれこれします。
シンプルなサンドイッチなので、パンは奮発して美味しいものを用意しましょう(これはお気にいりのパン屋さんのカンパーニュ)。
数日経って硬くなったカンパーニュをスライスし、

_1300648 _1300654
切り口をさっと水につけて、そのままフライパンで片面だけ焼きます。

_1300655
硬いパンがふっくらと柔らかくなりました。このワザ、普段も試せそう。

_1300660
寝かせていた偽装龍肉がいい感じに仕上がったので、

_1300676

包丁で薄くスライスしていきます。
(テールの部分は、肉をこそいでおく)
_1300703
ナイスピンク。
これをパンにたっぷりはさんで
_1300715
(はさみすぎだろうか)
「龍の尾身ステーキサンド」の完成です。
_1300794

_1300798
食べた感想:
パンと肉、それ以外一切なし!の超男前サンドイッチは、ミカのキャラクターらしくシンプルでワイルド。
ステーキもジューシーでやわらかくて、そんなに高いお肉じゃなくても(今回のイチボは輸入牛です)、ちゃんとした方法で焼けばちゃんと美味しいんだなあ、と納得。

非実在食材だからといってあきらめずに、使えそうな材料を妄想しながら作るのも楽しいですね。

※ちなみに「龍の尾身肉」の代用品としてもうひとつ候補にして買ったのが、「オッソブーコ」という子牛の骨付き肉。部位はスネですが、いい位置(?)に骨があってビジュアルとしてはけっこう理想的。
_1300812

焼くとこんな感じになります。
_1300829
食べてみると肉は硬めで、やはり煮込み用なんだなと思いますが、非日常感のある食材だし、魔改造はちょっと…という方は、このお肉もいいかもしれません。

※アフタヌーンのサイトで試し読みできるようです。

※今回の再現で購入したお肉の一覧
超厚切りイチボステーキ300g、シュハスコにも最適ピカーニャ、BBQ、焼肉、ホームパーティに!安心安全なオージービーフ、バーベキューの主役にも!絶品の稀少部位赤身肉、肉の旨味が濃厚、厳選の最高品質ブラックラベル
超厚切りイチボステーキ300g、シュハスコにも最適ピカーニャ、BBQ、焼肉、ホームパーティに!安心安全なオージービーフ、バーベキューの主役にも!絶品の稀少部位赤身肉、肉の旨味が濃厚、厳選の最高品質ブラックラベル

牛テール(オックステール/Oxtail)カット済み【YDKG-tk】【あす楽対応】【あすらく対象をご確認下さい】
牛テール(オックステール/Oxtail)カット済み【YDKG-tk】【あす楽対応】【あすらく対象をご確認下さい】

オッソブーコ オーソブッコ osso buco
オッソブーコ オーソブッコ osso buco

このエントリーをはてなブックマークに追加