_1260661
「ワカコ酒」7巻にちょっと斬新な餃子のエピソードがあり、気になったので再現してみました。

女子会の帰りに、子育て中の友人の家にビール持参でお邪魔することになったワカコさん。
そこで友人がふるまってくれたのは、手作りのアツアツ餃子。

豚ミンチを野菜と一緒にこねて包む…というのが通常の餃子ですが、ここでは合い挽き肉先に炒めてから包むというもの。 

先に炒めた肉なら、お手伝いする子どもが生肉を口に入れる心配もなく安心。なるほどなアイデアです。

koma
※【コマ引用】「ワカコ酒」(新久千映/徳間書店)7巻より

おまけページによると、新久先生のお友だちのレシピだそうですが、まさに「未知数」な餃子、どんな味なのでしょうか。

_1260611
材料
牛と豚の合い挽き肉、ニラ、塩コショウ、市販の餃子の皮。

_1260617 _1260622
合い挽き肉をフライパンで炒める(炒めすぎるとパサつくので、色が変わる程度でOK)。
そこにみじん切りしたニラを加え、塩コショウする。

_1260627
粗熱がとれるまで待ってから、餃子の皮で包んでいきます。

_1260630 _1260635
包み終わったら、通常の餃子と同様にフライパンで焼きます。
熱したフライパンに油を引いて餃子を並べ、熱湯を注いでフタをする→水分がなくなりかけたら追加で油を足し、揚げ焼きするように仕上げる。

_1260640
作中のコマの、あえてキレイに並べないアバウトな盛り方がなんだかおいしそうだったので、マネしてみる(楽ちんだし)。

_1260658
食べた感想
油多めでカリッと仕上げた餃子は、食べると「…ハンバーグっぽい!」。合い挽き肉のタネは予想以上に肉肉しく、にんにくがわりのニラもパンチがきいています。

ただ、先に炒めるせいか冷めるとややパサつくので、熱々のうちに食べるのがおすすめです。

IMG_1228
醤油もいいけれど、ハンバーグ風のせいもあって、意外にウスターソースも合う。
ということはケチャップも合いそうな気がする。

IMG_1223
白菜派とキャベツ派、肉メイン派と野菜メイン派など、家庭料理としての餃子って、実はいろんなバリエーションがあるから面白い。 

定番料理も、たまには「よそのおうち」の味を参考にしてみると、新鮮で楽しいものですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加