_1250669

蘊蓄系食漫画の傑作「めしばな刑事タチバナ」最新刊(22巻)、そのメインテーマは「ワンタンメン」。

即席ワンタン界における勢力構図を明らかにしたり(エースコックは西、マルちゃんは東で住み分けされているなど)、最近ラーメン屋のメニューから見なくなったワンタンメンどこ行ったんだ問題、さらには「ワンタン」自体のアイデンティティーの希薄さを突く問題提起など、今回もさすがの読み応え。

そういえば最近食べてないな、あのビロビロが美味しいのよね……と、頭のなかがワンタンで占められそうになったところで、オリジナルレシピのエピソードも挟まれるのが憎い構成。

「ワンタンタンタンきしめん」は、城西署の美人警官・村中さんと代々木さんで結成された「辛味部」による激辛クッキングメニュー。
koma2
※【コマ引用】「めしばな刑事タチバナ」(坂戸佐兵衛/旅井とり/徳間書店)22巻より

その名のとおり、タンタン風スープにワンタンを浮かべ、さらに麵はラーメンではなく「きしめん」を使うというもの。最後にたっぷりと花椒(ホアジャオ)をかけるところも、食欲をそそります。

辛味部のレシピは、以前作った魚肉ソーセージのアマトリチャーナも絶品だったので、今回も期待大。

_1250607_1250610
作り方:(分量は作品をご確認ください)
白ネギ、青ネギ、しょうが、にんにくをみじん切りする。
ボウルに豚ひき肉と白ネギ、しょうが、しょうゆ、砂糖、塩、コショウを入れて、粘りが出るまでよく混ぜる。

_1250612_1250617_280
ワンタンの皮に肉だねを少量入れ、包んでいく。
作中の代々木さんの方法に従って、まず三角形に包み、そのあと両端を中に折り込む形で。
これだと皮のはじっこのビロビロ感が わりと出るのよね……
となにげにこだわりがあるようです。

_1250618_280
包み終わったワンタン。折り紙っぽい。
店で食べると数枚しか入っていないので「貴重品」だけど、自宅ならたくさん作れば存分に食べられるハッピー。

_1250627_280_1250629_280
次はスープ作り。
鍋にごま油を入れて熱し、ニンニクとしょうがのみじん切りをいため、豚ひき肉と白ネギのみじん切り、豆板醤を入れてさらに炒める。炒め終わったら、半量は後乗せのトッピング用に別皿に取り分けておきます。

その後鍋にお湯と豆板醤、顆粒の鶏ガラスープを入れ、しょうゆ、酢、砂糖、みそ、中華スープの素で味付けする。

_1250630_280_1250633_280
仕上げに練りごまを入れてしっかり溶かしたら、タンタンスープの完成。

_1250636_280_1250638_280
スープが仕上がったら、別の鍋できしめん、ワンタンをそれぞれ茹でます。
(ワンタンは、ざるにあけたあと放置しておくと、お互いにくっついてしまうので注意)

_1250650_280
どんぶりに茹でたきしめんとスープを入れ、トッピング用に取り分けていた肉みそ、青ネギ、ワンタン、それから花椒をたっぷりのせます。

「ワンタンタンタンきしめん」の完成!
_1250663
タンタンスープって難しいようで、意外と簡単に自宅で作れるんだなー。練りごまが決め手とわかる味。

_1250674
食べた感想:
がっつり入れた豆板醤と花椒、タイプの違う辛さが容赦なく押し寄せて、さすが辛味部謹製レシピ。汗かくほど辛い。
ワンタンメンって店で食べると醤油スープの場合が多いけど、こっくりしたタンタンスープにもこんなに相性いいのだな。
タチバナも「結局のところワンタンメンってラーメンの味なんです」と言い切るとおり、スープに依存する存在、言い換えれば麺類をより美味しくするプラスアルファの愛、それでいいじゃない、と思える美味しさ。

men
ワンタンがビロビロなら、きしめんもビロビロ。口唇のカイカン。
トリプル炭水化物になっちゃうけど、最後にご飯を入れても当然美味しい。
koma
※【コマ引用】「めしばな刑事タチバナ」(坂戸佐兵衛/旅井とり/徳間書店)22巻より

韮沢課長が異論は認めない勢いで力説するとおり、世の中で一番うまいのは炭水化物だもの。
ライザップにはコミットできないけど、この主張にはコミットしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加