「ワカコ酒」の酒盗onポテトサラダ
「ワカコ酒」で楽しみなのが、自宅酒のシリーズ。
外より家で飲む方が多い自分は、ワカコさんが自宅でマイペースにくつろぎつつお酒と料理を楽しむシーンが、より身近に感じられるからかも。

4巻に掲載されているのは、もらいもののお酒や酒盗でひとり開催する「いただきものナイト」のエピソード。
ここに登場するポテトサラダが美味しそうなのです。
「ワカコ酒」(新久千映/徳間書店)4巻より
居酒屋で食べたメニューを参考にしたポテサラで、

・芋の形は残さずクリーミーに
・胡椒を使わない
・マヨの前にバターで和える
・コマ切れのクリームチーズを入れる
・人参・きゅうり・ハムは入れないか少なめ小さめ
…以上がポイント。
クリームチーズ入り、というのが「おかず」というより「おつまみ」感を強調していて、絶対お酒に合いそう。
最後に酒盗をのっけて食べる、というのも酒好きにはたまらない趣向。

詳しいレシピは載ってないので、自己流で作ってみます。
_1150815
ひと口大に切ったじゃがいもは水から茹で、やわらかくなったらザルにあける。その後、同じ鍋で粉吹き芋にして水分を飛ばす。

_1150822 _1150823
熱いうちにバターをまぶし、マッシュする。

_1150825 _1150827
マヨネーズ、塩で味付けしてクリーミーになるまで混ぜる。

_1150820 _1150832
クリームチーズを細かく切り、ポテトサラダと混ぜ合わせる。
クリームチーズだけのポテトサラダと、これに人参・きゅうり・ハムを追加したものと2種類作ってみました。

かつおの酒盗をかけて、熱燗と一緒にいただきます。
_1150913

_1150903
食べた感想:
チーズと発酵食品の組み合わせはテッパンだけど、クリームチーズと酒盗も最高においしい。
ごろごろタイプではないクリーミーなポテトが、両者をジャマせず繋いでくれています。


_1150848
こっちは具だくさん(?)バージョン(写真は酒盗をのっける前)。

個人的には、クリームチーズと酒盗の相性がダイレクトに味わえるので、具なしバージョンのほうが好みでした。

ポテサラだけでは食べたりないワカコさん、次はジャガイモをそのままレンチンし、酒盗をそのままのっけた「酒盗onじゃがいも」とスパークリングワインの小瓶で宴を続行。
_1180350
これも超シンプルだけどおいしい。
なんなら、これにマヨネーズとクリームチーズをのっけたらポテサラ作んなくてもいいかも…とズボラな悪魔が脳内でささやきます。

最終的にはワカコさんも、クリームチーズ+クラッカー+酒盗、とおつまみがダイレクトになっていきます。飲みながら作るときの「あるある」やね……。


最近知ったのですが、韓国でも「ワカコ酒」がドラマ化されてたんですね(タイトルは「ヨジュの酒」)。
ここで1話だけ見たのだけど、ひとりでゆっくり飲む幸福感が伝わってくる、大人のドラマに仕上がっていて、面白かった(日本版主演の武田梨奈さんもゲスト出演しててうれしい)。

先日発売されたばかりの7巻にも、自宅酒のエピソードが載ってます。いずれ作りたいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加