ドラえもん 再現2
ドラえもんファンにはお馴染みのサイト「変ドラ」さんの「旨ドラ」特集が面白すぎるー! パンの木とかきんつばとか、子どものころ夢中で読んだエピソードの記憶が蘇ってきて、なんともたまらない気持ちになります。

それで思い出したのが、映画「のび太の日本誕生」に出てきた不思議な大根。「畑のレストラン」という名前の道具で、料理の種類別に種をまくと、一年間いつでも好きなメニューが食べられる、というもの。
中身はどら焼きだったり、カツ丼だったりカレーだったり……。このパカっと大根をあけると、ホカホカの料理が出てくるシーンが大好きだったなあ(そういえば、別の作品でヤシの実バージョンもあった気がする)。

これを何とか作ってみることはできんだろうか……と思ってたんですが、この季節に出まわる、聖護院大根が大きさといい形といいそっくり。
映画のなかに登場した温かいスープをヒントにして、大根シチューとして再現してみることにしました。

聖護院大根1
作り方:
聖護院大根は縦半分に切り、器としてテーブルに置いた時に倒れにくいように、外皮の出っ張り部分を包丁でカットして平らにしておきます。

聖護院大根2 聖護院大根3
大根の中身をスプーンでくり抜きます。ちょっと固めなので、力を入れすぎて大根がひび割れないようにご注意を。先に果物ナイフなどで輪郭に切れ目を入れると多少くり抜きやすいです。

聖護院大根4
くり抜いた大根は、一口大にカットしてシチューの具に使います。今回多すぎちゃったので、余った分は甘酢漬けにしてみた。

シチュー作り
ここからは通常のシチュー作り。市販のルーでも、手作りルーでもお好みで。今回は大根のほか、鶏肉、人参、玉ねぎを具にしました。
器になる大根にシチューを注げば完成。
フタをすると、デカい大根が食卓にドーンと鎮座してるようで異様w

ドラえもん 再現
フタをあけるとこんな感じ。普通に器として使えてますねー。メルヘン。

ドラえもん 再現3

ドラえもん 再現4
食べた感想:
見た目のおかげか、普通のシチューも何だかいつもよりおいしく感じます。大根もトロっとしてていい感じ。たくさん作っちゃったら、後半はカレー粉を入れると飽きずに食べられておすすめ。

ドラえもん 再現5
おまけ:
映画のなかで、ハンバーガーとポテトが入ってるのを食べるピクニックシーンもあったので、買ってきたモスバーガーでついでに再現w(おもちゃ付き)
この大根器、最終的にはやっぱり煮物かな?。

このエントリーをはてなブックマークに追加