RIMG1657.jpg

「ちぃちゃんのおしながき・繁盛記」(大井昌和)のトマトのみそ汁
※【コマ引用】「ちぃちゃんのおしながき・繁盛記」(大井昌和/竹書房)より
こないだ取り上げた「ちぃちゃんのおしながき・繁盛記」、単行本が出たので購入。小料理屋が舞台なだけにおつまみメニューがほとんどで、夜中読むとむしょーーにお酒が飲みたくなってしまう罪なマンガです。4コマ版も出てるけど、個人的にはこっちのストーリー版の方が絵も楽しめて好き(大井先生の女の子はカワイイ!)。

まんくらオリジナルの最新号に掲載されてた「トマトのみそ汁」は、師走の忙しさでお疲れの常連客にちぃちゃんが振る舞った、ちょっと変わり種の味噌汁。今回は、珍しく詳しいレシピが載ってたので作ってみました。

「ちぃちゃんのおしながき・繁盛記」再現1
作り方(2人分):
トマト半分(中の種は取る)は乱切り、玉ねぎ半分はくし切りに。トマトは皮を湯むきしたほうがいいのかなー、と迷いましたが、とりあえずこのままいってみます。

「ちぃちゃんのおしながき・繁盛記」再現2 「ちぃちゃんのおしながき・繁盛記」再現3
ボウルに豆板醤を少々ぬり、卵1個とよくかきまぜる。沸騰したお湯に玉ねぎを入れ、味噌をちょっと濃いめに溶く。

「ちぃちゃんのおしながき・繁盛記」再現4 「ちぃちゃんのおしながき・繁盛記」再現5
沸騰しないように火を弱め、トマトを投入して1?2分ほど火を通す。
卵をふわっと流し入れたら、完成。お椀に入れ、お好みでミョウガをのせます。(卵はかき玉状にしたかったのに、流し込みに失敗して卵汁っぽくなってしまった;)

トマトの味噌汁完成
食べた感想:
豆板醤のピリっとした辛みとふんわりした卵のおかげで、「トマトと味噌」というちょっとびっくりな組み合わせも、違和感なく美味しい! 味噌汁というより、味噌風スープという感じかな。今回はお酒のシメというより、丼モノのサブメニューとして作ってみたけど、どっちにもあいそうな気がしました。ミョウガを入れたらさわやかな風味で、夏場の味噌汁向きになるかも。