RIMG1594.jpg
入江喜和先生の「おかめ日和」にハマりました(コメント欄でおすすめくださったマリコさん、ありがとうございます~)。
亭主関白で偏屈で怒りっぽい旦那と、そんな相手にベタ惚れしている体も心も大柄な妻・やすこさんの“夫婦善哉”なお話。「のんちゃんのり弁」「昭和の男」といい、入江先生は生活感を描くのが上手いなあと思うのですが、女性誌連載のこの作品は特にそれが生きてる気がします。脇役のセリフ、部屋の家具、子どもの仕草、そんなちょっとした描写に「あるある!」と思わせる説得力があるというか……。何度も読みかえしたくなっちゃうのはそのせいでしょうか。

koma_20091026212251.gif
※【コマ引用】「おかめ日和」(入江喜和/講談社)4巻より
やすこさんが家族のために用意する毎日の食事も、普通のおかあさんが作りそうな、気取りのないメニューばかり。

作ってみたい料理はたくさんありますが、まずは手軽そうな「超即席チャーシューメン」にチャレンジ。インスタントラーメンに、豚バラスライスをカリカリに焼いて塩をふった即席チャーシューと、白髪ネギをのっけただけのスピードメヌーです。

RIMG1588.jpg
食べた感想:
ネギをこうやって白髪切りしてトッピングすると、見栄えがよくなっていいですな。チャーシューもカリっとしてて、脂っぽくなりすぎずオイシイ。普段インスタントラーメン作るときって、欲張ってアレもコレもと乗せすぎちゃうんですが、こうやって具を絞ったほうが逆にいいかも、と思いました。

次は「プロジェクトC(カレー)」か、シチューに挑戦したいな。11月には最新刊も出るらしいので、今からたのしみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加