RIMG1469.jpg

koma_20091018144147.gif
※【コマ引用】「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)1巻より
五十嵐大介先生の東北田園生活をベースにしたマンガ「リトル・フォレスト」。

最初読んだときは、やたらと食べ物が美味しそう、という感想止まりだったんですが、先日ようやく全2巻を読み終えて、印象ががらりと変わりました。

街での生活に挫折し、故郷の小森に逃げるように帰ってきた主人公のいち子。自給自足生活を楽しみつつ、地元に根を下ろす決意もつかず、宙ぶらりんな状態だった彼女が最後に出した結論は……。

「地に足をつけて生きる」というのは、自分が体験したことを自分の言葉で話す生き方ということ。一口に「スローライフ」なんて言葉でまとめるには、はばかられるテーマだなと思いました。ラストシーンがまたさわやかで、五十嵐先生の作品読んだのはこれが初めてでしたが、すっかりファンになってしまった。「魔女」「海獣の子供」も面白いらしいので、いずれ読んでみたいなあ。

さて、くるみごはんは、稲刈りシーズンのお弁当として登場するメニュー。森の動物たちと競争するように収穫したくるみの実をすりつぶし、ご飯と一緒に炊いておにぎりにしたもの。ちょっとでも小森の人々の生活に近づきたくて、新米もあることだし再現してみることにしました。

RIMG1448.jpg RIMG1449_20091018144147.jpg
生のくるみは手に入りにくかったので、今回は市販の剥きくるみを使います。
すり鉢(いい加減、大きいサイズのを買わねば……)でくるみをすりつぶし、ペースト状にします。

RIMG1451.jpg
ところが市販のくるみのせいか、なかなかペーストっぽくならずorz みりんを少々足して混ぜたら、それらしくなりました。モーマンタイ!(勝手に)

RIMG1452.jpg RIMG1457.jpg
くるみのペーストを洗った米と混ぜ、しょう油と酒と一緒に炊きます(マンガでは炊飯器だったけど、せっかくなので土鍋で)。今回は米2合、くるみ50g、しょう油小さじ2、酒少々の配分でやってみました。
強火で沸騰したら弱火で5分、再度強火にして30秒、火を止めて20分放置。これで、おこげつきのくるみご飯に!

RIMG1461_20091018144200.jpg
食べた感想:
うーむ、秋の恵みの味。クルミは木の実っぽくもありつつ、白ごまのような風味もして、素朴なおいしさ。おこげにしたのは正解で、香ばしさが増しますね。お茶碗によそって食べるより、こうやっておにぎりにして野外で食べるのが一番あいそう。クルミ以外にも、ピーナッツとかアーモンドとか混ぜて作っても意外とおいしいかもしれない。

しかし作中の合間のフォトエッセイを見ても、五十嵐先生の作る料理ってほんとにおいしそう。レシピ本とか出たら、絶対ほしいなあ……。

このエントリーをはてなブックマークに追加