RIMG1345.jpg
koma_20091008115413.gif
※【コマ引用】「西洋骨董洋菓子店」(よしながふみ/新書館)1巻より
よしながふみ版の「大奥」が映画化するらしいですね。映像化するなら家光と有功編を中心に見てみたいけど、どうなんのかなー。

さて、秋といえば芋と栗が出回りまくりの季節。そんな旬の素材を使ったデザートが、以前の記事でも紹介した、「西洋骨董洋菓子店」の秋のチョコレートパルフェ・アンティーク風です。

ケーキの販売だけじゃなく、カフェも併設してる「アンティーク」だからこそ出せるデザートメニュー。中身はチョコレートとさつまいものアイスクリームに、マロングラッセ入りのブラウニー……「パフェ」じゃなくて「パルフェ」になってる点も、なんかそそります。
今回は、チョコレートアイスは市販のものを使うとして、さつまいものアイスとブラウニーを手作りして再現してみることにしました。
(さつまいものアイスは、最近ハゲダのドルチェシリーズでスイートポテトパイ味が出てるので、それを使ってもよいかも?)
RIMG1286.jpg
さつまいものアイス
※今回はこちらのサイトのレシピを参考にさせていただきましたm__m
1.さつまいもを柔らかくなるまで蒸し、皮をむいて牛乳を加えながらマッシュします。

RIMG1291.jpg
2.マッシュしたさつまいもに卵黄と砂糖をくわえ、よく混ぜます。

RIMG1292.jpg RIMG1293.jpg
3.(A)卵白&砂糖、(B)生クリーム&砂糖をそれぞれ別のボウルで泡立てておきます。

RIMG1297.jpg
4.(A)と(B)、バニラビーンズをさつまいものペーストとよく混ぜ合わせ、容器に入れて冷凍庫へ。途中で数回かき混ぜつつ、ほどよく固まったら出来上がり。

RIMG1299.jpg
一見バニラアイスですが、後味は確かにさつまいも! ハゲダにも負けないリッチな味で、これ単体でも気に入ってしまった。
意外と色がつかなかったので、クチナシで着色して黄色っぽく仕上げてもよかったかも。

RIMG1301.jpg
マロングラッセ入りブラウニー
※こちらもクックパッドのレシピを参考にさせていただきましたm__m
1.小麦粉と無糖ココアをふるっておきます。

RIMG1305.jpg
2.別のボウルに卵と砂糖、バニラエッセンスをよく混ぜ、さらにサラダ油を加えてドロリとするまで混ぜます。

RIMG1308.jpg
3.ブラウニーの中に入れるマロングラッセ……はなかったので、今回は栗の渋皮煮で代用。細かくきざんでおきます。

RIMG1309.jpg
4.(2)のボウルに1のココアと小麦粉をふるい直して練らないようにざっくり混ぜ、(3)も一緒に混ぜます。

RIMG1313.jpg
5.型に入れて、180度に予熱したオーブンで15分程度焼いたら完成。

RIMG1323.jpg
魅惑の断面図。冷めても中はしっとりしてておいしい。


RIMG1388.jpg
グラスの底にカットしたブラウニー、アイスクリームの順に盛り、生クリームとチョコレートソースでデコレーションしたら完成。

RIMG1351.jpg
パフェグラスは、ほんとはアンティークものを使いたかったんですが、さすがに手頃なのが見つからず……。いただきもののHOYAのシャンパングラスがあったのを思い出して代用してみたら、意外とそれらしくなったかも?

あと、上の生クリームのデコレーションが難しくて苦労しました。下に溶けやすいアイスが入ってると思うと焦っちゃって、漫画みたいにキレイな見た目にならずorz 自分……不器用ですから……(高倉健)。
あ、でも味の方は、参考にしたレシピのおかげでアイスもブラウニーも美味しく仕上がって満足! 特にグラスの底のアイスが溶けて、ブラウニーと混ざった部分なんかは、パフェでしか味わえない美味しさだなー、なんて思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加