top2.jpg
食器を見たり集めるのが、わりと好きなほう。引き出物向きのコンサバな食器をデパートでぶらぶら眺めるのも好きだし、陶器市やショップを冷やかしたり、100均で掘り出し物を見つけるのも楽しい。以前住んでいたところのキッチンはかなり狭かったので、食器は最低限しか持てなかったんですが、去年引っ越して多少スペースにゆとりが出たので、少しずつ増やしてます。

で、ふと「漫画のなかでは、どんな食器が描かれてるのか」と気になって手持ちの本を調べてみたら、意外とあるわあるわ。そのなかから一部紹介してみます。

sukimono.gif
※【コマ引用】「数寄者やねん」(尾家行展/神江里見/講談社)より
まずは日本一の目利き、乱次郎の活躍を描いた「数寄者やねん」から。いかにも劇画ッ!というタッチの絵とストーリーで、昔のモーニングはこんな渋いマンガも連載しとったんですねえ。上下巻に分かれていますが、上巻は器の話が中心になっていて、どれも読み応えあります(「へうげもの」ファンは、あわせて読むと面白いかも)。

第8話の織部焼きの話は、器と料理の関係を考えるのになかなか興味深いです。店の火災で骨董の織部焼きを失って以来、料理を出しても「客の箸の進みが以前より悪い」と悩む、老舗料亭の女将。周囲は思い過ごしだとたしなめるが、乱次郎が持ち込んだ作家の織部焼きと比べると、その差は歴然で……。全く同じ料理でも、器が変われば無意識に味覚にも影響を与える、ということがよくわかるエピソードです。



kaseifu.gif

※【コマ引用】「放浪の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
小池田マヤ先生の「放浪の家政婦さん」にも、骨董の和食器に盛りつけられた料理が登場します。ただし、主人公・里の使い方はかなりフリーダム。でっかいおにぎり、きゅうりのふじっ子昆布あえ、かぼちゃのあべかわ、みたいな素朴な家庭料理に普段使いする一方で、来客用の気合いの入ったイタリアンも和骨董に盛りつけちゃう。

和洋中と料理を選ばないし、そば猪口ひとつとっても「何盛りつけよう」と想像が広がるのが和食器の魅力ですよね。



osaka02.gif
※【コマ引用】「大阪豆ゴハン」(サラ・イイネス/講談社)1巻より
骨董の贅沢すぎる使い方、といえばサラ・イイネス先生の「大阪豆ゴハン」もハズせません。

資産家のボンで美術商の大清水さん(「オーシミッサン」と発音すべし)は、売り物の九谷焼でチキンラーメンを作って部下に注意されるし、安村家の松林は自分の部屋が茶室!という環境なので、茶釜でインスタントラーメンを友人に振る舞うというイージーなセレブぶり。

osaka.jpg
※【コマ引用】「大阪豆ゴハン」(サラ・イイネス/講談社)1巻より
「大阪豆ゴハン」は家族で食卓を囲んでるシーンがたびたび出てきますが、食器の並び方とか会話とか食べ方とかどれも味があって、つい目が釘付けになってしまう漫画のひとつ。やっぱサラ先生のセンスがいいんでしょうね。



heaven01.gif
※【コマ引用」「Heaven?」(佐々木倫子/小学館)1巻より
さりげないセンスにふと目が止まる漫画といえば、佐々木倫子先生。「Heaven?」はフレンチレストランが舞台で、「サービス」がテーマになっている作品。なので料理や食器は脇役なんですが、この脇役たちがすごく素敵なんです。

オーナーの黒須嬢の好みなのか、全体が落ち着いたシノワ系でまとめられてて、食後に出てくるコーヒーカップも、毎回中華風デザイン。実際にウェッジウッドとかジノリとかで、こういうの出してるメーカーってあるのかなあ。あったら欲しいなあ。

佐々木先生は、食器やインテリアだけじゃなくて、女性キャラのファッションもすごく好みだったりします。「Heaven?」の黒須嬢はもちろん、「動物のお医者さん」の菱沼さん、「チャンネルはそのまま!」の雪丸嬢など、読むたびに「この服どこで売ってるのーー」ともだえるのは、私だけでしょうか……。



antique01.gif
※【コマ引用】「西洋骨董洋菓子店」(よしながふみ/新書館)1巻より
漫画のなかのブルジョワな食器紹介、最後はやっぱりこれでしょうか。よしながふみ先生の「西洋骨董洋菓子店」。

一流パティシエが作る絶品ケーキ、イートイン可能、営業時間は深夜2:30まで、店員は全員イケメン。「こんな店が実際にあったら、毎日通うよ……!」と、全女子が願うケーキ店「アンティーク」。

イートインで出される食器は、お冷やのグラスからティーカップにいたるまで、すべて本物のアンティーク。
第1話で、たまたま店に立ち寄った女性教師が、まじまじとカップを眺め、心から幸せそうにケーキとお茶を味わうシーンは、こっちにまで幸福感が伝わってきます。
デザートって、デザートそのものはもちろん、食器、空間、時間、雰囲気、その他全部含めて味わって満足するものなんだなー。
antique03b.gif
個人的に一番食べたいのは「秋のチョコレートパルフェ アンティーク風」(左図)。

鹿の絵が描かれたアンティークグラスに、チョコレートとさつまいものアイス、マロングラッセ入りのブラウニーがもりもり。ファミレスのパフェにしか馴染みがない私にとって、こんな高貴な見た目のパフェ、もったいなくて食べられないかもしれない……。
※【コマ引用】「西洋骨董洋菓子店」(よしながふみ/新書館)1巻より


ながながと書いてしまった食器の話、次回は庶民編でまとめてみようと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加