RIMG1126.jpg

koma3_b.gif
※【コマ引用】「ひまわりっ」(東村アキコ/講談社)より
モーニングで連載中の「ひまわりっ」が、ここ数週間でいつの間にかチキン南蛮マンガになってる……!

宮崎県民のソウルフード「チキン南蛮」の裏側では、モモ肉派とムネ肉派の静かな闘いが繰り広げられているそうです。

両派のなかでさらに「皮無し派 or 皮有り派」に細分化されるらしく、
モモ派はムネ肉のことを「パサパサしている」とけなし ムネ派はモモ肉のことを「クドい 脂っこい」と批判する
と、今日にいたるまで和解にはほど遠い状況にあるのだとか。論争の火種はネットの掲示板、果ては嫁ぎ先での嫁姑問題にまで発展しているそう(ほんまか)。

面白かったのは、単に好みの問題にとどまらず、その先にまで議論がいっちゃってるところ。
「チキン南蛮の元祖の店『おぐら』ではムネ肉使ってるから、ムネが正統」→「のれん分けの店では今やモモの方が主流ですよ。ていうか『おぐら』のスピリットは肉じゃなくて甘酢とタルタル」
……なんかもう宗教戦争といってもいいほど、すごいことになっちゃってますw

ということで、宮崎県とは縁もゆかりもない人間ですが、チキン南蛮の
・ムネ皮無し、有り
・モモ皮無し、有り
の計4パターンを食べ比べて、自分が「何派」なのかハッキリさせときたいと思います( ` ´)/

基本のチキン南蛮のレシピは、「ひまわりっ」7巻に掲載されてるので、それを参考にします。
RIMG1090.jpg
材料:
<主材料>
・鳥ムネ肉、モモ肉 ・卵 ・小麦粉 ・サラダ油 ・チキン南蛮のたれ
<タルタル用>
・ゆで卵 ・マヨネーズ ・練乳 ・ケチャップ ・ピクルス ・らっきょ ・砂糖

RIMG1095.jpg
作り方:
ピクルスとらっきょをみじん切りし、その他のタルタルソースの材料と一緒に混ぜ合わせておきます。各調味料の分量はお好みで。

RIMG1100.jpg RIMG1107.jpg
鳥ムネ、モモ肉を薄切りにします(市販の一枚肉を横半分に切ると丁度良いかも?)。それぞれ皮あり、皮無しに分かれるように切っておきました。あとは塩コショウし、薄く小麦粉をはたいておきます。

RIMG1105.jpg RIMG1111.jpg
肉に溶き卵をからませ、油で揚げます。衣が卵だけ、ってちょっと不思議な感じでしたが、見た目は普通の唐揚げっぽくなるんですねー。
揚がった肉を、チキン南蛮のタレ(お好みで砂糖も追加)に漬け込んでおきます。

RIMG1120.jpg
タレから引き上げた状態がこちら。ムネ皮無し、ムネ皮有り、モモ皮無し、モモ皮有りの4種類(+余ったので「皮のみ」も作ってみた)のチキン南蛮、完成でーす!(チューボーですよっぽく)

食べた感想:
まずは食べ比べの結果から。
・ムネ皮無し……一番あっさり。ちょっとパサパサしてるかな。
・ムネ皮有り……バランス◎。いくらでも食べられる。
・モモ皮無し……皮はなくても十分ジューシー。
・モモ皮有り……柔らかくてこってり。ハオツー!
・皮のみ……酒のつまみ向き。

というわけで、個人的には、ムネ皮有り=モモ皮有り>モモ皮無し>ムネ皮無し の順位かなー。もともと油モノ好きなので、あっさりが好きな人は逆の順位になるかもしれないですね。

あとタルタルソースが美味しかった! ピクルスとらっきょがアクセントになってて、パクパク食べられます。(しかしカロリー無礼講なメニューなことは確実なので、明日から粗食せねば……)

7巻でも描かれてたけど、他県のチキン南蛮と、本場のを比べると全然違うんですね。東京の惣菜屋で見るのも、唐揚げに甘酢とマヨネーズをかけただけ、というのがほとんどだもんなー。同じ国なのに、「外国の曲解された日本食」みたいになっちゃったのは、何故なんだろう……。このへんも東村先生が作中で解説してくださるのを、期待してます。

このエントリーをはてなブックマークに追加