RIMG1066.jpg

数ある東海林さだお先生のレシピのなかで、多分一番有名で、一番作ってみたくなる料理じゃないでしょーか。肉と醤油だけで作る簡単チャーシューにチャレンジしてみました。

目黒の田丸というラーメン店のチャーシューをヒントにしたこのレシピ、これ以上ないほどシンプルなのに「茹でて醤油につけただけ」とは思えない味になるそうです。作る前から期待が高まりまくりんぐ。

RIMG1043.jpg
肉の部位は何でもいいみたいなので、今回はチャーシュー用として売られてた豚肩ロースの塊を用意。肉の塊って、そこにあるだけで気持ちが豊かになりますな。

RIMG1047.jpg
鍋に湯を沸かし、沸騰したら肉を入れ30分ほど茹でます(串を刺して肉汁が透明ならOK)。この段階で「そういえば冷蔵庫にネギの青い部分とか、生姜とか余ってたな……」と思い出し、一緒に茹でたくなりましたが、あくまでも今回はシンプルに徹するっちゅーことで、ぐっとこらえます。

RIMG1059.jpg
茹でた肉を醤油に漬け込みます。醤油を景気よくドボドボ使うとき「このまま死んでしまいたい」という気持ちになる……という描写は、貧乏性の人間としてすごいよくわかりますw 

そこはさすが東海林先生、カットしたペットボトルのなかで漬ければ醤油の量を節約できるというアイデア付き。ちょうどいい大きさのペットボトルがあったので、それに倣ってみました。それでも、わりと使っちゃいましたけどね>醤油

RIMG1061.jpg
20分くらい漬けたら味見して、お好みのしょっぱさになったら引き上げます。味見するときは端っこじゃなくて、思い切って真ん中を食べるべし、だそうです。

RIMG1067.jpg
食べた感想:
確かに、ラーメン店で食べるチャーシューと比べても遜色ない出来! もちろんシンプルな味には違いないけど、肉と醤油だけでここまで仕上がるんだ?、とちょっと感動。

チャーシューって、そのまま食べて良し、ラーメンや冷やし中華の具はもちろん、炒飯とかおにぎりの具にも使えるので、作り置きしておくと便利ですよね。こんな簡単に作れるなら、常備菜としてかなり優秀かも。

このエントリーをはてなブックマークに追加