RIMG0974.jpg

koma_20090709002953.gif
※【コマ引用】「クッキングパパ」(うえやまとち/講談社)より
今年の冬から博多モツ鍋にハマり、お肉屋さんで牛モツを仕入れては自宅で楽しんでまして。先週の「モーニング」のクッキングパパで、モツ鍋をカレーにアレンジした素敵すぎるメニューが登場したので作ってみました。

モツ鍋といえばいつもシメは雑炊か麺だったんですが、カレーにしちゃうという発想は、ありそうでなかったですよね。

RIMG0949.jpg
まずは基本の鍋づくり。モツ(今回は牛小腸だけ)を沸騰したお湯で10分ほどゆがき、その後丁寧に水洗いします。茹でる際はにんにくを入れる、とのことでしたが量が足りないので今回は青ネギを入れました。

RIMG0955_b.jpg
モツとキャベツ、豆腐、にら、にんんく、鷹の爪、だし(今回は鶏ガラスープにしました)を鍋に入れて火にかけ、煮えたらいただきます。後でカレーにするので味付けはひかえめにして、ポン酢で食べました。うまー。

RIMG0952.jpg
半分ほど食べたら、ここでカレーフェーズに突入。ルーは名古屋の至宝・オリエンタルカレーにしてみました。このあくまでも昭和を引きずるパッケージが好き。

RIMG0967.jpg
あとは鍋にルーを足して煮込めば完成。スープが減っているようなら、だしを足したほうがいいかも。豆腐やらニラやらカレーの王道からはずれた具のせいで、見た目がちょっと残飯っぽいですが……。

RIMG0976.jpg
食べた感想:
モツとカレーって合うんだなあ。これからは普通にカレー作るときも肉はモツにしようかな、と思うくらいの素敵な組み合わせ。あと、フルフルの豆腐が意外にカレーに馴染んでうまうまです。さすがクッパパ、とうなるメニューでした。

ただ、家人いわく「ココイチにありそう」……。トッピングメニューに八宝菜(※今はもうないらしい)とか納豆とか用意してるココイチですからね。いずれ牛モツもラインアップしていただきたいっす。