「セケンノハテマデ」(サライネス) のシカ肉サンドイッチ

ジビエブームのおかげで、鹿肉が簡単に入手できるようになりました。
うきうきと取り寄せてみたものの、初めての食材なので料理のメニューが思い浮かばない。
そういえば、「セケンノハテマデ」にシカ肉のサンドイッチが出てきたな…と思い出し、再現してみました。
 
主人公は「メジャーからソーッと」デビューしたばかりのプログレバンド、「メトロ6R4」。
音楽業界といういつになく華やかな舞台ですが、ドラマチックなことは一切起こらない、ゆるゆるなサライネスワールドは健在。
 
koma

※【コマ引用】「セケンノハテマデ」(サライネス/講談社)3巻より

シカ肉のサンドイッチは、バンドのベースのシロちゃん&ドラマーのタイチロさんの実家である喫茶店「ビストル」の看板メニュー。オーナーの祖父が自分用につくって食べていたのを、客のリクエストで提供するようになったらしい。

レコーディングスタジオに、どどんとこのサンドイッチを持参したタイチロさん。徹夜明けの胃に明らかに優しくなさそうな差し入れにメンバーは唖然としますが、味は「意外にウマい」。
 
現在はタイチロさんがバンドのかたわら喫茶店を継いでいますが、このシカ肉サンドも祖父からしっかり受け継がれているようです。 

_1230824 _1230829
初めてのシカ肉とご対面。今回はロースです。まずはブロック肉のまま、赤ワインと香味野菜(にんにく、たまねぎ、レモンなど)で漬け込んでマリネし、半日ほど冷蔵庫に寝かせてみる。

_1230832
肉は焼く前にしっかり常温に戻し、塩コショウ。

_1230838 _1230843
事前にいろいろ調べてみると、鹿肉は牛肉と同じ焼き方をすると、硬くなってしまいあまり美味しくないのだとか。
そこで試してみたのが、フレンチの「アロゼ」という調理法。
多めの油を入れたフライパンのなかに肉を入れ、低温で油をすくいかけながらじっくり火を通していく、というもの。
オリーブオイル+バターをたっぷり入れたフライパンは常時弱火にし、スプーンで肉に油を繰り返しかけつつ、途中で裏返しつつ、20分ほど加熱。

_1230848
こちらがアロゼってみた鹿ロース。余熱で火をとおすため、さらにアルミホイルに包んで20分ほど放置します。

_1230850
その間に、皮つきのフライドポテトを作る(鹿肉を焼いたあとの油を活用)。

_1230867 _1230869
保熱しておいた肉を薄くスライスしてみます。
ローストビーフ風のきれいなロゼ色! このまま食べてもワインに合いそう。

_1230858
食パンにバターとマヨネーズ、マスタードを塗る(マスタードのかわりにホースラディッシュでも美味)。 

_1230861 _1230875
ソースは適当に作ります。マリネ液を野菜ごとフードプロセッサーにかけて、しょうゆやら麺つゆやらで味付けして煮詰めたもの。
これを鹿肉の上にかけて、レタスと一緒にパンではさんで完成。

ピクルスと皮つきフライドポテトを豪快に盛り付けます。
_1230890
見るからに、がっつり!
イメージは、薄切り肉がたっぷり挟まれたアメリカのステーキサンド。 

_1230944
ピクルスは適当です。今回は、きゅうり、トマト、黄ピーマン。
 
_1230952
食べた感想:
低温でじっくり火を通した鹿肉は、しっとりやわらか。クセもほとんどなくておいしい。
モーちゃんが後日「あれ俺かなり好き!」と絶賛したのも同感。
見た目はヘビーだけど、ほぼ赤身なので、夜食としては意外にヘルシーかもしれません。

「セケンノハテマデ」で興奮したのは、マキオちゃん(「誰も寝てはならぬ」)や松林(「大阪豆ゴハン」)など、過去のサライネス作品のキャラの「その後」が描かれていたところ。
次回作はどこが舞台になるのか、楽しみです。


サラ先生から反応をいただいてしまった!



このエントリーをはてなブックマークに追加