_1230127

4月頭に母方の祖父母の墓参りを兼ねて熊本を旅行したばかりだったので、今回の地震のニュースは驚きました。熊本の街並みと、被災された方々の生活が早く元通りになることを願います。
「平成28年熊本地震」緊急募金 - Yahoo!ネット募金

koma※【コマ引用】「クッキングパパ」(うえやまとち/講談社)85巻より
「クッキングパパ」は、九州各地の郷土料理もたくさん登場します。
金丸産業のアイドル・ルリちゃんが、のちの結婚相手の原口さんと出会うエピソードに登場するのが、熊本の「いきなりだご」と「いしがき万十」。

出会って間もなくいい雰囲気なルリちゃんと原口さん。それを複雑な気持ちで見る江口。3人で出かけた星座ウオッチングは、江口にとってモヤモヤな展開になりますが、ルリちゃんが持参したこの手作りのおやつでほっこりと「一時休戦」。

「ひともじのぐるぐる」とか「しょんしょん」とか、熊本は面白い名前の郷土料理が多いですが、「いきなりだご」も一度聞いたら忘れられないネーミング。
昔は家で作るおやつのイメージが強かったけど、冷凍販売するメーカーも増えて、今は熊本土産の定番にもなってます(中の餡も色々バリエーションがあって、楽しい)。
「いしがき万十」はこれを読んで初めて知りましたが、大分県の郷土菓子のようですね。

_1230040
いきなりだご(いきなり団子):(※分量はコミックをご確認ください)
さつまいもは1cm厚にスライスし、水にさらす。

_1230049_1230051
強力粉にぬるま湯を加え、生地にダマがなくなり、なめらかになるまでよくこねる(好みで砂糖も少量加えてOK)。こねた生地は10分ほど寝かせる。

_1230060_1230068
いきなりだごの中身は、スライスしたさつまいもとあんこが基本ですが、クッキングパパではそれに「スライスチーズ」がプラスされます。
「さつまいも+こしあん」「さつまいも+チーズ」「さつまいも+こしあん+チーズ」の3パターンを作ってみます。

_1230070_1230074
生地はピンポン玉大にまるめ、平べったくのばし、あんこ(orチーズ)を下にしてさつまいもを生地で丁寧につつんでいきます(生地が破れないように注意)。

_1230080_1230098
蒸し器にならべて、20分蒸します。
(さつまいもの厚さ・種類によっては、30~40分蒸したほうがいいかも)。

_1230042_1230046
いしがき万十:
続いていしがき万十。さつまいもは1cm角にカットし、水にさらします。
こちらは生地に黒糖で風味をつけます。黒糖は軽く砕き、お湯でしっかり溶かしておきます。

_1230056_1230059
強力粉に冷ました黒糖水を加え、よくこねて10分ほど寝かせます。

_1230083_1230106
ピンポン玉大にちぎり、平べったくした生地に、角切りしたさつまいも(水気はふきとっておく)をトッピングしていきます(生地に弾力があるので、強く押し込まないとうまくできない)。
蒸し器で15分ほど蒸して完成。


いきなりだご&いしがき万十、の2品。
_1230198

_1230143

大分県のいしがき万十は、写真で見る限りふわふわの蒸しパン風でしたが、こちらは強力粉を使うせいか、もっちりした食べごたえのある食感です。漫画の絵よりも若干色が薄めになりましたが、黒糖の量を多く調節すれば、もうちょっと濃い色に仕上がるかな。

_1230183
さつまいも+チーズ+こしあんのいきなりだご。

_1230187

チーズ入りのいきなりだごは初体験ですが、甘いさつまいもとあんこにとろけるチーズの塩気が加わって、意外や意外、これは相性ぴったり。
久々に食べたけど、冷凍できるし、腹持ちもいいので朝ご飯やおやつに◎。

写真 2016-04-01 19 01 15

ライトアップされた今年の熊本城の夜桜、きれいだったな。
私は大阪出身ですが、旅行や帰省で訪れるたびに、「真の『食い倒れの街』は、九州じゃないか」と思うほど、美味しいものにあふれた地域だと思います。
福岡で執筆されているうえやまとち先生の状況も気にかかりますが、先生が九州を元気づける物語を今後も発信できるよう、一読者として祈っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加