「颯爽な家政婦さん」のライ麦のスコーンとモンドールチーズのグラタン

「颯爽な家政婦さん」(小池田マヤ/双葉社)より
※【コマ引用】「颯爽な家政婦さん」(小池田マヤ/双葉社)より
モンドールチーズが出回っているうちに紹介したいと思っていたのだけど、間に合うかな、どうかな。

前回クスクスを再現した、小池田マヤ先生の家政婦さんシリーズ最新作「颯爽な家政婦さん」から、別のメニューを再現。ライ麦のスコーンとモンドールチーズのグラタンです。

「颯爽な家政婦さん」は2つの中編で構成されていますが、この料理が登場するのは前半の「お玉杓子定規」のエピソード。

優秀な家政婦から玉の輿にのった伝説の「Sランクの沖さん」。その娘、多賀恵は母にあこがれて同じ家政婦の道を歩むが、杓子定規な性格が災いして、派遣先を何度もクビになっている。
そんな彼女の研修講師として呼ばれた、Sランク家政婦・里。当初は里の破天荒なやり方に反発しつつ、多賀恵は次第に家政のサービスとは何かを学んでいく。

実際、これまでの家政婦さんシリーズのなかでも、里のプロフェッショナルぶりが鮮やかに描かれていて、お仕事漫画としての面白さも抜群のエピソードです(ワインボトルの洗い方とか、さっそくマネしてる)。

ラストでは、里と多賀恵のプライベートでの意外な接点が明らかになり、2人は女友だちとしてささやかな飲み会を開きます。そこで登場するのがこのメニュー。
モンドールチーズはフランスでも8月中旬から3月中旬の間でしか生産されないらしく、チーズファンはこの季節を楽しみにしているんだとか。

モンドールチーズ
こちらがモンドールチーズ。近所のワインショップで、ちょっと値引きされて3000円くらいでした。
しゃれおつな食材を前にすると、「おフランスからこんな極東の片田舎にわざわざおいでなすって……(もみ手)」とへりくだった気持ちになる私。

モンドールチーズ(食べかけ)
いきなりグラタンに取りかかるわけじゃありません。まずは第一フェーズ。
チーズの上部の皮をくりぬいて、パンや野菜をなかのトロトロのチーズにディップして心ゆくまでもしゃもしゃ。ウォッシュタイプなのでわりとクセはありますが、カマンベールのにおいが大丈夫な人ならハマるはず。

モンドールチーズに白ワイン モンドールチーズに白ワイン2
次の日に第二フェーズ。
残ったチーズに白ワインとみじん切りしたニンニクを加え、木箱ごとアルミホイルに包んでオーブンへ。

モンドールチーズに白ワイン3
即席チーズフォンデュにトランスフォーム。これで再びパンや野菜をディップしていただきます。ワインと一緒にいつまでも食べられるけど、第三フェーズ用にある程度は残しておかなければ。

モンドールの残りにカリフラワーとペンネ モンドールの残りにプチトマトとパン粉
カリフラワーとプチトマトのモンドールグラタン:
ようやく真打。最後はグラタンで〆ます。
残ったチーズにカリフラワーとプチトマト、茹でたマカロニをからめ、生クリームをそそぐ。パン粉と黒コショウをたっぷりふって、250度のオーブンでこんがり焼いて完成。

モンドールチーズのグラタン

材料
ライ麦のスコーン:
これにあわせるのは、ライ麦のスコーン。巻末にクロワッサンスコーンのレシピが掲載されていますが、今回はそれをもとに、作中で描かれているのにあわせて丸いスコーンを作ります。

フードプロセッサー バターをフードプロセッサーに
フードプロセッサーに薄力粉、粗挽きライ麦粉、全粒粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れて10秒まわす。ここに5ミリ角に切った無塩バターを分量の半分入れ、40秒まわす。

バター残り半分 生地をラップにくるみ寝かせる
ボウルにうつして残りの無塩バターを加え、手ですりあわせながらバターをつぶす。ここに牛乳を少しずつ加え、生地をまとめる。まとめた生地はラップにくるんで冷蔵庫で30分ねかせる。

スコーンの型を抜く スコーンを焼く
スコーンの生地は5ミリほどの厚さにのばし、型で丸くくりぬく。200度のオーブンで15~20分焼いて完成。

「颯爽な家政婦さん」のライ麦のスコーン
珍しくスコーンがそこそこうまく割れた。うれしい。里いわく「スコーンは焼きたて20分が一番うまい」ので、機を逃さずいただきます。

「颯爽な家政婦さん」のモンドールチーズのグラタン
もうひとつの主役、モンドールグラタンも並べる。

「颯爽な家政婦さん」のモンドールチーズのグラタン
食べた感想:
3連続で食べてすっかりトリコになったモンドールチーズ。生クリームとあわせたソースが野菜にからんで、大人のおつまみグラタンとして最後の最後まで絶品でした。しょっぱいチーズ味に、香ばしいライ麦&全粒粉のスコーンがまた合う。

クロテッドクリーム
しょっぱい組み合わせもいいけど、スコーンといえばやっぱりクロテッドクリームも外せない。スコーンの掟・その2は「カロリーを気にしない」、なのでたっぷりつける。鬼のように合う……。

食べつくしました
モンドール、完食。買うときは「3000円か~」と二の足を踏んだのですが、これだけ楽しめるなら、確かにお値段に納得かも。

「颯爽な家政婦さん」のライ麦粉のクロワッサンスコーン
ちなみに巻末にレシピの載っていた、クロワッサンタイプのライ麦スコーンはこんな感じになりました(ちょっと厚すぎた。ぶかっこう…)。

グラニュー糖をかける 折りたたむ
短冊形に切ったスコーン生地の表面にグラニュー糖をまぶし、二枚を重ねて折りたたんで焼いたもの。食べごたえたっぷりで、こちらもおすすめ。

このエピソード、ほかにもいろいろなスコーンが登場するので、スコーン好きには特におすすめです


このエントリーをはてなブックマークに追加