「きのう何食べた?」(よしながふみ)のレバニラ炒め ほか

「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)11巻より
※【コマ引用】「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)11巻より
あきらかに夏向きのメニューだけど、11巻を読んで食欲があらぶってしまったので作った「何食べ」献立。
・レバニラ炒め
・蒸しなすのじゃこマリネ
・きゅうりとキャベツの塩もみ
・かきたま汁


ご家庭でレバニラ。意外とやらないメニューです。
シロさんとケンジの会話にもあるけど、レバニラってただ炒めただけだとパサパサしちゃうし、美味しいものを食べると開眼するけど、そうでない場合はどうしても人によって好き嫌いがある料理。

お店のようなクオリティーに仕上げるには(外で食べてもパサパサの場合もありますけどね)、炒める前にさっと油通しするのが最大のポイントだそう。おいしそうな副菜も含めて再現してみます。

なす 皮をむく なす レンジにかける
作り方:※分量は作品をご確認ください
なすはヘタをとって、縞になるように包丁で皮をむく。全体を水でぬらして耐熱容器に並べ、ラップをしてレンジに4分かける。

じゃこを炒める
その間にちりめんじゃこ(orしらす)をごま油で炒め、酢、しょうゆ、砂糖、ゆずこしょうを入れよく混ぜておく。

きゅうりとキャベツ 塩もみ
レンジにかけたなすの粗熱をとる間に、きゅうりとキャベツの塩もみを作ります。
キャベツ千切り、きゅうりは薄切りにして塩をかけ、ざっと混ぜておく。しんなりしたら軽くもんで水気をよくしぼり、うまみ調味料、白ごまを加える。大葉の千切りをのせて完成。

なすにじゃこをかける
なすの粗熱がとれたら輪切りにし、じゃことゆずごしょうのドレッシングをかけ、冷蔵庫で冷やしておく。

溶き卵をいれる
汁物はかき玉汁(シロさんちは、中華っぽいメニューのときは味噌汁を作らない主義なんでしょうか)。
鍋に湯をわかし、塩、しょうゆ、和風だしの素で吸い物を作る。ここに溶き卵を流し入れて完成。

豚レバー 豚レバー2
いよいよ主役のレバニラ作りです。
レバーは豚を使います。表面をさっと洗ったら薄切りにし、水気をふき取っておく。ボウルに酒、しょうゆ、にんにくとしょうがのすりおろしを入れてレバーに下味をつけ、5分ほどなじませる。

レバニラ炒めのたれ
もやしを洗い、ニラを切ったら、あらかじめ調理用のタレを作っておく。鶏がらスープの素、しょうゆ、オイスターソース、砂糖、こしょうをよく混ぜる。

コロモをつける レバーを揚げる
中華鍋を煙が立つまで熱し、サラダ油を入れて160度まで加熱する。
下味をつけたレバーに片栗粉をまぶし、少量ずつ投入してコロモに色がつく程度にさっと揚げる。
(※コメント欄でご指摘いただきましたが、豚レバーは加熱する必要があるため中まで火が通るようにしてください。目安は、ガッテンのレシピにある「(レバーの周囲の)泡が小さくなったら」程度が参考になるかと)

レバーを揚げる2 野菜とレバーを炒める
レバーが揚がったら、中華鍋の油はオイルポットにうつし、再度鍋を熱してごま油を入れる。強火でニラともやしに油をからめ、レバーと合わせ調味料を入れてすばやく味をなじませたら完成。

シロさんには珍しく(?)、ザ・男の食彩!なレシピだ。
「きのう何食べた?」(よしながふみ)のレバニラ炒め ほか
野菜たっぷりで、中華なのに超健康的。

「きのう何食べた?」(よしながふみ)のレバニラ炒め
レバニラ炒め:
レバーがぷりっぷり!! コロモは香ばしく、中はジューシー。臭みもほとんどなく、シャキシャキの野菜と一緒に箸がどんどん進みます。揚げるひと手間で、こんなに変わるなんて。
これを食べたら、外食した店でパサパサのがっかりレバニラが出てきた日には「出来そこないだよ」と山岡士郎化してケンカを売ってしまうかもしれない。

「きのう何食べた?」(よしながふみ)の蒸しなすのじゃこマリネ
蒸しなすのじゃこマリネ:
こってりしたレバニラが主菜なので、揚げなすではなく「蒸しなす」なのか。と食べながら気づく。シロさんのバランス感覚さすがやで。ごま油で炒めたじゃこが加わっているので、あっさりしつつもパンチがあります。

「きのう何食べた?」(よしながふみ)のきゅうりとキャベツの塩もみ
きゅうりとキャベツの塩もみ:
シロさんいわく「困ったときの一品」。最悪、きゅうりだけでもOKらしい。シンプルな味付けで、箸休めにちょうどいいです。

「きのう何食べた?」(よしながふみ)のかきたま汁
かきたま汁:
これも困ったときの簡単汁物、だそう。確かに卵さえあれば出来ちゃうもんなあ。ほかのメニューが具だくさんで豪華なだけに、卵だけの優しいお吸い物が舌にも胃にもうれしい。

格段においしくてびっくりしたけど、「油で揚げるひと手間」って、なんだかんだ言って心理的な負担があります。
シロさんがこの日この献立を作る気になったのは、大家さんへの予期しない「カミングアウト」で、ちょっと心が軽くなったからなのかなあ、などと思いながら読みました。

このエントリーをはてなブックマークに追加