「ハクメイとミコチ」(樫木祐人)の無発酵パンと木苺ジャムのセット

「ハクメイとミコチ」(樫木祐人/エンターブレイン)4巻より
※【コマ引用】「ハクメイとミコチ」(樫木祐人/エンターブレイン)4巻より
「ハクメイとミコチ」4巻でまたもおいしそうな料理が出てきたので、作ってみました。
年に一度の「屋台祭」の店舗にアキが出て、前日に急きょ出店することが決まったミコチ。無理だ無理だと言いつつ、すぐさまメニューを考案してしまうのは、料理好きのなせるわざ。

提供するのは「ジャムとパンのセット」。シンプルなメニューですが、ミコチならではのこだわりと創意工夫が詰まっています。パンは窯がなくても&短時間でできる無発酵パン。ジャムは木苺に、なんとバジルの葉をどっさり入れたもの。

ミニチュアの世界を覗いているかのような調理シーンもかわいいのですが、出来立ては絶品というこの料理、一体どんなものなのか気になります。

木苺と砂糖 ジャムにバジル
木苺とバジルのジャムの作り方:※分量は参考
ラズベリー(今回は安く手に入る冷凍もの)150gと砂糖80gを交互にかさね、レモン汁を加える。全体をなじませ、水分が出てくるまでしばらく待つ。
焦がさないように弱火で煮つめ、ラム酒を少々加える。細かく刻んだバジルをたっぷり入れ、軽く火を通したら完成。

強力粉とそば粉
無発酵パンの作り方:※分量は参考
ブレンドする2種類の粉は、ミコチのセリフを参考にすると「①苦みが強くて芳醇な粉」と「②甘みが強いふくよかな粉」。それ以上のヒントはありません。試される粉もののスキル……。

いろいろ考えた結果、①は「そば粉」にしてみました(無発酵パンは全粒粉が使われることが多いようなので、それでもいいかも)。②は、甘みが特徴らしい製パン用の強力粉で。
生地の材料 パン生地まとめ
インドのチャパティーっぽいものをイメージして作ります。
ボウルにそば粉50g、強力粉100g、オリーブオイル少々、塩少々を入れ、水80~90ccを少しずつ足しながら混ぜ、まとまったら10分ほどこねます。

生地をのばす パンを焼く
ピンポン玉くらいの生地をめん棒で薄くのばします。ちょっと引っ張ってナン風の形にしてもOK。
フライパンを熱し、生地を焼きます。あちこちふくらんで、焼き色がついたら裏も軽く焼いて完成。

朴葉
作中で、葉っぱにのせて食べているのがかわいかったので、料理用の敷葉を取り寄せてみた。
といっても朴葉なので、なんだか和風なかほりに……。

森の中のメルヘンなテーブルセッティングのつもりですが、使っているのは梅の土用干し用のザルなので、ますます謎の和風感(言わなくてよい)。
「ハクメイとミコチ」(樫木祐人)の無発酵パンと木苺ジャムのセット

ジャムはたっぷり塗る。
木苺とバジルのジャム

「ハクメイとミコチ」(樫木祐人)の無発酵パンと木苺ジャムのセット
食べた感想:
数年前からジャム界では、果物やスパイスを組み合わせたコンフィチュールが流行っているけど、木苺ジャムにバジルを入れると、はたしてどんな味になるのか。

びっくりです。ラズベリーの単調な味に奥行きが出て、まるでダージリンのような風味になりました。家人は「入れないほうが好き」とのたまったので、好みはありそうですが、私はこれ、大好き。

無発酵パンは、写真のものは薄めに仕上げたのでパリパリですが、ちょっと厚めにしてもふかふかでおいしいです。
食材の組み合わせで「え、なにそれ」と興味そそられる料理が多くて、ハクミコ料理(勝手に命名)、やっぱりたのしいな。

また自己満足で動画作ってみました。
今回は手順も入れたので、ご参考になればうれしいです(※音が出るのでご注意ください)。



このエントリーをはてなブックマークに追加