「その女、ジルバ」のちーぶらげ

2016年最初の漫画飯。今年もよろしくお願いいたします。
昨年作ったものですが、これが簡単でおいしすぎて、もはやわが家で定番おかず化しつつあります。
有間しのぶ先生の「その女、ジルバ」に登場する“ちーぶらげ”。

「その女、ジルバ」は、熟女ホステスしかいない高齢バー「OLD JACK&ROSE」を舞台にした物語。
主人公の40歳独身OLの新(あらた)は、恋人に去られ、会社では「姥捨て山」とささやかれる部署にまわされ、「人生の残高がずっとマイナスのまま」と感じる日々。そんな彼女が、ひょんなことからこの店で、最年少ホステスのアララ(源氏名)としてダブルワークをすることに。

戦後の混乱期を生き抜いてきた個性派ぞろいの高齢ホステスのなかでは、40歳のアララは完全にひよっこの「ギャル」扱い。
いつもビクビクして臆病だった彼女が、元気な「オババ」たちのポジティブさ、そして店の亡きママ・ブラジル日系移民の「ジルバ」の波乱の生涯に触れる中で、新しい自分を発見していきます。

「その女、ジルバ」(有間しのぶ/小学館)3巻より
※【コマ引用】「その女、ジルバ」(有間しのぶ/小学館)3巻より
有間しのぶ作品といえば、おいしそうな食のシーンも定番。特にお店で出される料理は、「そりゃ通いたくなるわ…」と頷いてしまうほど、魅惑的なメニューばかり。

3巻に出てくる“ちーぶらげ”の正式名は「チーズと明太子しこんでカリッと焼いた油揚げのネギ塩ソース添え」。

なにげに料理上手なアララが、ひそかな想い人である白浜が来店した際、軽いおつまみとして出した一品。40歳にして恋心が芽生えた相手に出すのが、この一切気取りのない料理。素直で真面目なアララの性格が表れています。
チーズと明太子 詰める
作り方:(※作中に詳しいレシピはないので想像です)
ほぐした明太子とシュレッドチーズを混ぜ合わせます。
これを油揚げのなかに詰めていきます。シュレッドチーズはたっぷり入れたほうが美味しいです。油揚げ1枚につき一掴み強ほど。

とじる 焼き上がり
油揚げの具を詰めた口を爪楊枝などで留め、中のチーズが溶けるまで、オーブントースターで5~8分ほど、様子を見ながら焼きます。
ネギ塩ソースみじん切りしたネギ、ごま油、塩を混ぜてネギ塩ソースを作ります。

油揚げを食べやすく等分し、ネギ塩ソースと大根おろしを添えて完成。
「その女、ジルバ」チーズと明太子でしこんでカリッと焼いた油揚げのネギ塩ソース添え

リフティング
食べた感想:
外側の油揚げはサクサク、明太子がぴりっと効いた中のチーズはとろとろ。ネギ塩や大根おろしで味の変化も楽しめて、おつまみどころか、これひとつでメインのおかずとしてやっていけるほど満足度高いです。
明太子のほかに、チーズ×納豆も美味しかったな。しらすとか大葉とか、そのときあるものでアレンジを楽しめそう。

「その女、ジルバ」(有間しのぶ/小学館)3巻より
※【コマ引用】「その女、ジルバ」(有間しのぶ/小学館)3巻より
店でも大好評を博したこの料理ですが、アララの料理無双はとどまらず、
あたし作りながら思ったんです。ガーリックライスにも合うなあ…って。
この提案に店内は再度どよめき、全員ニンニクと油でてかてかに光る一体感が生まれることに……。
白いご飯も合うけれど、確かにガーリックライスにあわせてもおいしそう。

にんにくとバター ご飯としょうゆ
というわけで作ってみます。
みじん切りしたニンニクはサラダ油を入れたフライパンでじっくり炒め、キツネ色になったらバターを投入。ご飯を入れて手早くいため、醤油を鍋肌から回して香りをつけ、塩コショウ、パセリで仕上げて完成。

「その女、ジルバ」のガーリックライス

「その女、ジルバ」のちーぶらげとガーリックライス
ニンニクがガツンときいたガーリックライスといえばステーキが定番だけれど、“ちーぶらげ”との相性もなかなかでした。
(食べ終わると、確かに顔がテカテカに…)

このエントリーをはてなブックマークに追加