「ワカコ酒」(新久千映)の山芋とろろ焼き
BS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」を楽しみに見るようになりまして。
「こんなおじさんが飲んでるだけの渋い番組、視聴率大丈夫なのだろうか…応援しなければ」とハラハラする気持ちでいたら、ずっと以前から「裏月9」と言われるくらいBS屈指の人気番組と知って、おのれの感度の低さに乾いた笑いが出ました。
類さんロケ中に偶然同席して、「ご常連」として一品差し入れするのが夢です(という人もいっぱいいそう)。

「ワカコ酒」(新久千映/徳間書店)5巻より
※【コマ引用】「ワカコ酒」(新久千映/徳間書店)5巻より
さてマンガ界の「おんな酒場放浪記」といえば、「ワカコ酒」です。
今回は、5巻に出てきた「山芋とろろ焼き」。鉄板系の居酒屋で、ワカコさんがうきうきと頼むメニュー。冷え冷えのハイボールと熱々のとろろ焼きを交互に頬張る様子がたまらなくおいしそうでした。
ウニクレソン以来、「ワカコ酒は作っても楽しい」と覚えたので、今回も勝手再現です。

山芋をすりおろす 山芋をすりおろす2
作り方:
「粘度の高そうなおいも」とあったので、使うのは大和芋。皮をむいてすり鉢ですりおろし、だし少々を加えて混ぜる。

豚バラとねぎ ひっくり返す
熱したフライパンにサラダ油をひき、とろろを楕円形に広げ、上に青ネギ、豚バラ肉をのせて焼く。キツネ色になったらひっくり返す、裏側もかりっとするまで焼く。
ひっくり返す2
再度ひっくり返したら、上にソース、青ネギ、かつおぶしをのっける。
マヨネーズを添える。
「ワカコ酒」(新久千映)の山芋とろろ焼き
きざみ海苔を忘れるところだった!
「ワカコ酒」(新久千映)の山芋とろろ焼き

「ワカコ酒」(新久千映)の山芋とろろ焼き
食べた感想:
漫画のとろろ焼きよりちょっと厚めになっちゃったけど、その分外側はカリッと、中はもちもちふんわりと食感の違いが強調されておいしい。あっさり生地にこってりソース&マヨで、満足感もあるので遅めの夕食にもいいかも。ここに千切りキャベツも混ぜて焼いたら、ヘルシーなお好み焼きになりそうだな。

ハイボール
おとものハイボールです。熱い、冷たい、うまい、のローテーション、幸せすぎる。

このエントリーをはてなブックマークに追加