「きのう何食べた?」(よしながふみ)シロさんちふうシフォンケーキ

「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)11巻より
※【コマ引用】「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)11巻より
「きのう何食べた?」11巻に、シロさんのお母さんの十八番として登場するシフォンケーキ。

パンケーキパーティ用に買ったものの、案の定余らせてしまったベーキングパウダー。これを消費する目論見で、子供のころからの定番おやつの作り方を母親に教えてもらうことに。当時のシロさんはこのケーキにあまりありがたみを感じていなかったようですが、一緒にキッチンに立つなかで、母親の創意工夫が詰まったレシピだったことに気づきます。

同じケーキが、よしながふみ先生の「こどもの体温」にも登場します。ただ分量は書かれておらず、数年前、独自に再現したときはパサパサした仕上がりになってしまい(当時は今よりもさらにお菓子スキルが低かった…)、詳しいレシピを知りたかったので、今回のエピソードは個人的にもうれしい!

過去記事でもご紹介しましたが、インタビューによると、お母様が実際に作られていたケーキだったようで、よしなが先生にとっても思い出深いレシピなんでしょうね。

黄身と白身
作り方:(※分量は作中の記載を参考にしてください)
卵は黄身と白身を別々のボウルに分ける。どちらも大きなボウルにしたほうが扱いやすいです。

黄身のボウル
黄身の入ったボウルには、砂糖、小麦粉、サラダ油、水、塩、バニラエッセンスを追加します(まだ混ぜなくてOK)。

白身を泡立てる 黄身のボウルを泡立てる
白身の入ったボウルを、しっかりツノが立つまでハンドミキサーで泡立てます。泡立ったらビーターについたメレンゲを落とし、そのまま黄身のボウルにミキサーを移して粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます。洗い物が少なく済む、主婦の知恵ですね。

白身のボウルに入れる 混ぜる
黄身の生地を白身のボウルに移し、メレンゲがつぶれないように全体をさっくりと混ぜます。

生地を型に注ぐ ふきんをかけて冷ます
パウンド型(同じサイズがなかった…)2本分に生地を流し、180度に予熱したオーブンで30~40分。
焼きあがったら逆さにして金網の上に型のまま乗せ、上に濡れふきんをかけて30~40分冷ます。

包丁で型から外す ひっくり返す
粗熱がとれたら型の四辺に包丁を入れてケーキを取り出し、表面のくずを払っておく。

フロストシュガー アイシング
フロストシュガー(溶けやすいように加工された砂糖)をボウルに入れ、冷たい牛乳でのばしてアイシングを作る。混ぜ始めは固いですが、だんだんねっとりしたクリーム状になります。

アイシングを塗る
焼きあがったケーキの上面にアイシングをたっぷり塗り、固まったら完成。(「上面」が、焼き上がった時の膨らんだ面か、平らな底の面を示すのか迷いましたが、写真では平らな面に塗っています)

型のサイズが違うので、大小の2種類になっちゃいましたが……。
完成

切り分けて、ホイップクリームを添えていただきます。
「きのう何食べた?」(よしながふみ)シロさんちふうシフォンケーキ

「きのう何食べた?」(よしながふみ)シロさんちふうシフォンケーキ
食べた感想:
シフォンケーキのふわふわに、カステラのような卵の風味としっとり感が加わったスポンジ。これにシャリシャリのアイシング部分と生クリームの組み合わせがたまらんです。素朴な見た目に油断していると、びっくりさせられるおいしさ。
食べさせた家人も、シロさんの小学生時代の同級生の「うお~~うんめ~~!」と同じ反応をしていました(40代)。パウンドケーキ2本分は多いように見えますが、食感が軽いのであっという間になくなります。

なにより素晴らしいのが、ケーキ作りの「イラッとしがち」な工程が絶妙に省かれているところ。
粉をふるったり(台所が汚れる)、バターを使ったり(調理器具がベトベトする)、ケーキ型にシートを敷いたり(面倒くさい)……といった作業が一切ないのは、ズボラな人間にはありがたいです。

そして自分も歳をとってしまったせいでしょうか、親のレシピは、お互いが元気なうちに聞いておくべきだなあと、とこのエピソードを読んでしみじみ思いました。教えてもらうなかで、意外な裏話とか出てきたりしますしね。今度実家に帰ったら、母親にいろいろ聞いてみよう。

いちご乗せバージョン
よしなが先生の後書きにあった、イチゴを添えたショートケーキ風バージョン。クリスマスケーキにもよさそうですね。(※こっちは膨らんだ焼き面にアイシングをしたもの)


このエントリーをはてなブックマークに追加