RIMG0873.jpg koma2_20090621214417.gif ※【コマ引用】「へうげもの」(山田芳裕/講談社)2巻より マンガ飯の記事もぼちぼち作ってようやく30本目。節目となる(?)今回は、大好きな漫画「へうげもの」2巻に登場する「安土盛り」に挑戦してみました。 上京した徳川家康のための饗応で、古田織部が考案した異国風デザート。「南方の果実(パイナップル)に桃・枇杷・美濃柿を酪・醍醐で和えましてござる」と自信満々にアピールするも、ゲスト(家康)の反応は……。名シーンがありすぎて選べない「へうげもの」ですが、このオチも大好きですw RIMG0850.jpg 今回のレシピは簡単そう?と思いきや、材料集めから意外と苦労しました。何せこの時期、どのスーパーや青果店を見ても柿がない! あんぽ柿や干し柿で代用しようと思ったけど、それも見つからない…。というわけで今回は柿は省略です; 枇杷と桃は丁度シーズンだったので無事手に入りました。 RIMG0853.jpg パイナップルは丁度ハーフカットのが売ってました。果物ナイフとフォークを駆使して、中身をくりぬいていきます。気をつけないと、外皮を破ってしまいそうでコワイ。 RIMG0855.jpg パイナップルの実と、別にカットした果物を詰め込みます。おお、見た目からトロピカル。 RIMG0856.jpg 次に悩んだのは、「酪と醍醐」の材料の部分。それぞれ乳製品のようですが、解釈に諸説あるようで、チーズなのかヨーグルトなのかバターなのか、でんでんわからず。 「酪=ヨーグルト」「醍醐=チーズ」ってことでFAしようかと思っていたところ、昔モーニング本誌で「安土盛り」再現企画があったらしく、そのときのレシピ「練乳」と「ヨーグルト」を採用することにしました。いやー、思わぬとこで勉強になってしまった(この先使う機会なさげな知識ですが)。 RIMG0875.jpg というわけで、フルーツ盛りに練乳とヨーグルトを混ぜたものをかけて完成。なんか寂しいと思ったら、パイナップルの葉っぱがなかったΣ(;゚*゚) koma6.gif ※【コマ引用】「へうげもの」(山田芳裕/講談社)2巻より 食べた感想: ←……というちゃぶ台返し状態にはもちろんならず、普通にフルーツヨーグルトとして美味しくいただきました。 しかし当時としてはアヴァンギャルドすぎるデザートを出された家康さんの怒り、現代に例えると、どんなもんだったんでしょう……。 「へうげもの」に登場する食事でもうひとつ気になるのが、明智光秀が部下にふるまった「荒縄の味噌汁 ~早咲きの桔梗添え~」。 な、縄食べるんですか!?と最初は驚愕しましたが、実は芋茎の縄で戦場の携帯食としてはメジャーだったみたいですね。さすがにこれは再現難しそうですが、ちょっと食べてみたいな。
このエントリーをはてなブックマークに追加