_1210254
先月6巻が出た「たそがれたかこ」ですが、今回再現するのは夏に発売された5巻から。
ほんとはもっと早く紹介したかったのですが、理想の「ふた付きの容器」を探すのに時間がかかり……。合羽橋の中華雑貨店でこれ見つけたときは思わずガッツポーズ。

若手バンド「ナスティインコ」にハマった45歳のバツイチ・たかこさんが、人生初のライブを経験するエピソードを描いた5巻。

いつもよりオシャレをして、電車に乗ってライブハウスに向かう。ただそれだけのことですが、人生を半ば諦めていた状態のたかこさんにとって、この日のひとつひとつのシークエンスが、どれだけ忘れられないものになったか。過去の自分を救ってくれるものになったか。彼女が過ごした劇的な一日の時間の流れが、丁寧に丁寧に描かれていて、圧巻です。

koma

※【コマ引用】「たそがれたかこ」(入江喜和/講談社)5巻より
今回再現したのは、近所の飲み屋「美馬」の店主・修平さんが、たかこさんの「ライブ処女ソーシツ」祝いのために作った、一品。花のかたちに細工切りしたゆり根に、エビ、アボカド、銀杏をちらしたあんかけのお椀。
入江先生のインタビュー記事によると、火野正平がモデルというだけあって、女心をつかみまくる修平さんのセンス、さすが。

たかこの夢は夜ひらく」という情念たっぷりの料理名がつけられていますが、「愛の水中花」も頭に浮かびましたw

_1210148

作り方:
百合根は丸ごと使うので、黒ずんだ根っこの部分をスプーンなどでくりぬいておく。

_1210151

汚れた燐片はむいて取り除き、外側の燐片から順にひとつひとつ包丁(小型包丁が扱いやすい)で切り込みを入れていくと、こんな花のような形になります。

私のヘタな説明では伝わりづらそうなので、詳しい作り方はこちらの動画をぜひ(こんなにきれいに出来てませんが…)。


_1210155

鍋にお湯を沸かし、酢を少々入れてから百合根を3~4分ほどゆでます。煮崩れないように注意。
_1210157

茹でた百合根は出汁に漬けておく。
_1210158

百合根のあんかけに添えるのは、エビ、銀杏、アボカド。
エビは殻をむいて背ワタをとり、酒と塩少々を入れた小鍋で火が通るまで蒸します。
_1210165

鍋に出汁にみりん、薄口しょうゆを加え、水とき片栗粉でとろみをつけます。
ここに百合根、エビ、銀杏を入れて軽く温めます。

_1210183

皿に切ったアボカドを配し、中央に百合根、周囲にエビ、銀杏をちらし、あんをかけて盛り付けます。

おともはたかこさんがよく頼む梅酒をロックで。
_1210213


やっぱりフタ付きの食器でないと、このサプライズ感は出せない。
_1210222


作中は一輪花ですが、百合根が大きかったので今回は二輪。
_1210249

食べた感想:
短時間でもほくほくに煮えたゆり根に、和風のあんかけだしがほっとするおいしさ。こんな華やかなお椀で心遣いされたら、もうキュン死せざるを得ない。神様、うちの近所に美馬を……美馬の店をください……。

ゆり根は年末年始あたりスーパーでよく見かけるようになるので、おもてなし料理にもいいかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加