「あさひごはん」(小池田マヤ)の筍のオリーブオイル焼き丼
ある程度料理をするようになると、「この時期しか手に入らないもの」がなんと贅沢なことか、とわかるようになりますが、タケノコもそのひとつだなー。とこのレシピを試して実感しました。
小池田マヤ先生の朝食漫画「あさひごはん」に登場する、筍のオリーブオイル焼き丼です。

「あさひごはん」(小池田マヤ/リイド社)1巻より
※【コマ引用】「あさひごはん」(小池田マヤ/リイド社)1巻より
主人公あさひの姉・ゆうひが、イギリスに赴任中の夫・理可のために作ったメニュー。
理可が結婚のあいさつに訪れた際、ゆうひの家でご馳走になり、感激したものだそう。「筍の食べ方の中ではこれが一番」というセリフのとおり、シンプルな調理法ですが、生タケノコでないとダメ、という素材勝負の一品。ちょうどスーパーにまるごとのタケノコが並ぶ季節なので試してみました。

しかしゆうひもそうだけど、小池田作品のケバくて性格キツい美人キャラは、なんでこう魅力的なのか。このエピソードもかわいさ炸裂です。

たけのこ たけのこ下ごしらえ
作り方:
生タケノコを用意します。ちょっとカゴに盛るだけで、絵になる野菜ですな。
先端を切り落とし、火が通りやすいように&皮をむきやすいように中央に切れ目を入れます。(このへんはネットで調べた下処理方法)

ぬか ゆで
鍋にタケノコと米ぬか、鷹の爪を入れ、かくれるくらいの水を入れて火にかけ、落としぶたをしながら1時間ほどゆでます(ふきこぼれないように注意)。

たったこれだけ… 薄切り
皮をむき、食べられる部分を取りだしたら縦半分に切り、薄くスライスします。
姫皮の部分も食べられるとはいえ、1時間ゆでてメインの部分はたったこれだけ…と思うとちょっと切ない。

オリーブオイルとしょうゆ オーブンで焼く
スライスしたタケノコをしょうゆ→オリーブオイルの順番に漬け、オーブンor魚焼きグリルで焼く。

木の芽パーン
器にご飯とグリルしたタケノコを盛り、最後に手のひらで叩いて香りを出した木の芽をのせて完成。

「あさひごはん」(小池田マヤ)の筍のオリーブオイル焼き丼

「あさひごはん」(小池田マヤ)の筍のオリーブオイル焼き丼
やわらかくゆでても残る、シャキシャキした食感と、びっくりするほどの香り。
凝った味付けをしなくても、しょうゆとオリーブオイルだけでご飯のおかずとして充分。普段使う水煮タケノコとはまったく別物だと実感。
タケノコは鮮度が第一というけれど、この強烈な香りと下ゆでしてもわずかに残るえぐみは、土から掘り出した命の余韻なのかもしんない。などと思いました。

そういえば実家では初夏にかけて生タケノコのもらい物がやけに多くて、台所では「ザ・タケノコ祭り」といった感じで毎日のように母が大鍋でアク抜きをしていたな。
当時はあのにおいが苦手であまり積極的に食べなかったのだけど、もったいないことをした……。今度シーズン中に帰省したときは、もっとありがたく食べようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加