「ハクメイとミコチ」のレモンチェッロ
ちょっと前に作ったブドウパンに続き、「ハクメイとミコチ」2巻に登場するリモンチェッロです。

「ハクメイとミコチ」(樫木祐人/エンターブレイン)2巻より
※【コマ引用】「ハクメイとミコチ」(樫木祐人/エンターブレイン)2巻より
ハクメイがたまたま見つけた、森の中の小さな卵型美容室。この店の主人は、ベリーショートのちょっとマイペースな美容師、ジャダさん。
彼女が作ったリモンチェッロは「酸っぱくて甘ったるくて苦くて」飲めたものではなく、料理好きのミコチのアドバイスでリベンジすることに。

リモンチェッロはイタリアの家庭でよく作られるリキュールで、食後にストレートで飲むのが一般的だそう。名前は聞いたことがあるけれど、初めて飲むお酒です。作中の説明を読む限りは、それほど手間もかからなさそう。
なにより、ほかのエピソードもそうですが、こびとたちのハンドメイド生活の描写がかわいすぎて、真似したくなってしまうのです。

材料
材料:(分量は参考まで)
レモン(無農薬のもの)12個、スピリタス500ml瓶1本。スピリタスは「アオイホノオ」のお好み焼きの再現でも使いましたが、世界一の度数となる96度のお酒。今回もお世話になります(まさか人生で2本目を買うとは思わなかった)。

レモンの皮をむく レモンの皮をむく2
レモンは洗って一つずつ皮を薄くむいていきます。
ジャダさんが失敗したように、皮の白い部分が入ると苦くてマズい仕上がりになってしまうので、ここは細心の注意で丁寧に。
しかし今回使った国産のレモンは皮が薄くて、ピーラーでも厚くなってしまう……。包丁でなるべく薄くむいたあと、皮の裏側に残った白い部分をこそいでみました。

レモンの皮をむく3
12個分仕上げるのは相当時間がかかる……気が付けば指もボロボロ。誰だ、手間がかからないなんつったのは(\私です/)。

スピリタスを注ぐ
消毒した容器にレモンの皮を入れ、スピリタスを一瓶分注ぎます(火気厳禁)。
びん
このまま一週間漬け込みます。

レモンの残り
残った大量のレモンは果汁を絞って冷凍保存しました(とりあえず余ったものは何でも冷凍する癖がついてしまっている…)。

一週間後 一週間後の皮
一週間経った状態がこちら。皮の色が蒸留酒に溶けて色づいています。レモンというよりはオレンジに近い色。市販のリモンチェッロとはまた違う印象なので、レモンの品種によるのかもしれない。
ザルにキッチンペーパーを敷き、蒸留酒を漉してレモンの皮を取り出す。漂白したかのように色が抜けきって、驚きの白さに。

シロップと混ぜたあと
鍋に水500mlとグラニュー糖500gを熱して溶かし、シロップを作ります(ここの工程写真撮り忘れた)。
冷めたシロップと蒸留酒を混ぜ合わせ、再び1週間寝かせて完成。

飲むときはキンキンに冷やしていただきます(度数が高いので冷凍庫に入れてもOKらしい)。
ほんとはショットグラスで飲みたかったけど、持ってないので代用のフルートグラス。サマになってなくてすみません。
「ハクメイとミコチ」のレモンチェッロ
感想:
リキュールは普段カクテルでしか飲まないので、こんなふうにストレートで飲むのは初めて。慣れていないので、強烈な甘さと度数のキツさにクラクラ。
香りはレモンなのに酸味はゼロというのも、どうも不思議な感じです(あまりに予想外だったので、不安になって市販品も買ってみたけど、やはりこういう味なのですね)。
試しに炭酸水とレモン果汁で割って飲んでみたら、安心できる味になりました^^; どうせ私は居酒屋の安いレモンサワーが大好きな安い舌の持ち主…。

アイスクリームに
そのまま飲むのはちょっと慣れなかったのですが、アイスクリームにかけて食べたら絶品だった。バニラアイスが大人の味になりました。


3巻に登場する「ジュレップ」もおいしそうなのでいずれ作ってみたいなー。ウイスキー版モヒートみたいなカクテルのようです。なにげにお酒のエピソードが多いので、酒のみにはそのへんも魅惑の漫画です。
このエントリーをはてなブックマークに追加