「きのう何食べた?」モツ鍋風
年末は仕事はやたら忙しいし休日も何かとやることが多いので、食事がテキトーになる時期。メニューを考えるのさえ面倒なため、とにかくさっと作れるものがありがたい。
そんな自分の状態とリンクするかのように、今月のモーニングの「きのう何食べた?」が簡単でおいしい鍋の回だったのでご紹介します。(さらっとストーリーも紹介するので、単行本派の方はスルーしていただければ)

年末に年老いた両親がいる実家の大掃除を手伝うことになったシロさん。想定を超えた作業量を任され、泊まり込みすることに。
しかしそこはデキる男。ケンジに電話で黒豆の仕込みの指示をしたり、一時帰宅して肉団子を作ったり、自宅のおせちの準備も忘れません。
殺気立ちつつも年末のタスクを鮮やかに処理していく姿は、壮年のサラリーマンというよりは完全に「年季の入った主婦」にしか見えませんが……。

「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より
※【コマ引用】週刊Dモーニング2014年12月11日発売号「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より
そんな多忙ななか、ケンジとの「自宅忘年会」の約束を果たすために準備したのが、豚バラ、キャベツ、ニラ、春雨入りのモツ鍋風メニュー。

これが工程を見てもほんとに簡単でおいしそう。「所要時間20分」のスピード鍋、年の瀬の夕飯に作ってみました。

ざく切り
豚バラ、にら、キャベツは何も考えずざく切り。ニンニクはスライス、鷹の爪は輪切り。

豚バラを炒める
土鍋にごま油を入れ、豚バラを色が変わるまでよく炒める。
※土鍋は炒めものNGの製品もあるので、心配な場合はフライパンで別に炒めてから移したほうがいいかも。

水を入れる とりがらスープを入れる
水を入れ、沸騰したらアクをとる。その後、酒、鶏がらスープの素を入れる。

野菜を入れる 春雨を入れる
キャベツ、ニンニク、鷹の爪を入れ、醤油、砂糖、コショウで味を整える(あればナンプラーも)。
スープの味が整ったら、春雨をそのまま投入。

にらを入れる
春雨がスープを吸ってやわらかくなったらニラを入れ、軽く火を通して完成。
所要時間、ちゃんと計ってないけどほんとにトータルで20分程度。
完成

春雨がどんどんスープを吸っていくから、ビールで乾杯したらどんどん食べる。
「きのう何食べた?」モツ鍋風

柚子胡椒
食べた感想:
甘めの醤油スープとニンニクの風味は、確かに博多風のモツ鍋っぽい!
関東だと普通のスーパーでは牛モツが手に入りにくいので、豚バラで手軽に作れるこのアイデアはうれしいなあ。
キャベツがすごくおいしく食べられるので、分量より多めに投入してもいいかも。柚子胡椒もよく合います。

しかしこんだけ忙しい中でも恋人との小さな約束も忘れずちゃんと叶えるって、シロさんどんだけスーパー理想的彼氏なの。思わずケンジに嫉妬した回でありました。

2014年の更新は(多分)これで最後になります。
ご覧いただいた皆様にお礼申し上げます。どうぞよいお年をお迎えください。
来年も面白い漫画、美味しいものにたくさん出会えますよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加