「深夜食堂」の白菜と豚バラの一人鍋
今さらながら、放送中のドラマ「深夜食堂」、やっぱりいいなあ。前回シーズンは仕事が忙しくほとんど見られなかったのですが、テレビ番組を録画する文化が最近ようやくわが家に根付いたので(^^;)、週末にゆっくり見ています。初期と比べてさらに抑え目になった演出がすごく好み。お酒を飲みながら見ると至福。

「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)13巻より
※【コマ引用】「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)13巻より
そして原作コミックも、ちょっと前に13巻が出ました。収録されている第183話の「白菜と豚バラの一人鍋」は、マスターいわく「店(うち)で鍋といやぁこいつのこと」というメニュー。

一人鍋は冬の居酒屋の定番メニューですが、確かに具材やだしは各店で千差万別。マスターの店では、カツオだしに具材は白菜と豚バラ、エノキと超シンプル。独特なのが、四万十名物の「ブシュカン」をしぼった自家製ポン酢。これで食べるのがこだわりのようです。

気になるのは「ブシュカン」って何ぞや?ということ。
どうやら酢みかんのひとつのようで、四万十地方では同じ高知名産の柚子よりも親しまれているそう(こちらのサイトの解説が詳しいです)。
「深夜食堂」は過去にも何度か四万十の食にちなんだエピソードが登場しています。四万十産の青のりを使ったソース焼きそば(第25夜)、きびなごのフライ(第117夜)など。安倍先生が四万十のご出身らしいので、思い入れがある食材のひとつなんでしょうね。

ぶしゅかん
それだけ愛されている「ぶしゅかん」、ぜひ手に入れて食べてみたい……と探してみたところ、残念ながら季節モノらしくネットはすでに販売終了(10月中旬で終わってしまうそうです)。
有楽町の高知県アンテナショップはどうだ? と足を延ばしてみたら、100%果汁の小瓶が見つかりました。残念だけど、今年はこれで堪忍しといたろう。

自家製ポン酢の準備:
カットした昆布とぶしゅかん果汁、しょうゆ、煮切ったみりんをブレンドして味をなじませておきます

だしをとる
一人鍋レシピ:
ポン酢の味をなじませている間に、小鍋の準備。
カツオだしをとります。別の鍋で作ってもいいんだけど、今回は土鍋で直接だしをとってしまう。
一人用の土鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したらカツオ節をたっぷり。煮立ったら火を止め、しばらく置いてから漉します(今回は少量なので網杓子でカツオだけ取り除いた)。

食卓へ
白菜、豚バラ、エノキを入れて火が通るまで煮ます。出来上がったら鍋ごと食卓へ。自家製ポン酢も並べます。

今回のエピソードの主人公・カエさんにならって、ぬる燗で。
「深夜食堂」の白菜と豚バラの一人鍋

ひとり鍋は孤高感が際立ちますね。まさに孤独のグルメ。
「みんなで食べるとおいしい」は真理だけど、「ひとりで食べるおいしさ」もまたあると思うのですよ。

「深夜食堂」の白菜と豚バラの一人鍋

取り分け

ぶしゅかんポン酢は、きりっとしたさわやかな酸味。味はスダチやカボスに似ています。豚バラ肉がさっぱりと食べられて、これは生の果汁が出たらまた食べてみたいなあ。

「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)13巻より
※【コマ引用】「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)13巻より
このエピソードでもうひとつ試してみたかったこと。
鍋のシメで、カエさんがサッポロ一番を投入するシーンがあるんです。鍋の残りダシで鍋焼きラーメン!しかもサッポロ一番で。何それやってみたい。

サッポロ一番を投入
サッポロ一番は何味にすべきか問題があるけれど、深夜食堂ファンならやはり以前ドラマにも登場した「しょうゆ」一択。乾麺を投入して、煮えたらスープを溶かす(つまりフツーの作り方)。

サッポロ一番入り鍋
あまってたネギも散らしてみる。
この鍋焼きラーメンがおいしかった! 鍋のダシがきいてるのもあるけど、一人用土鍋で食べるラーメンってそれだけで視覚的にも美味ですもの。鍋のシメにインスタント麺、アリかもしれない。



お知らせ(?)
以前作った当ブログの深夜食堂の「だし」の記事を台湾のサイト「達達主譯」で翻訳・ご紹介いただきました。
台湾でもドラマ「深夜食堂」は大人気だそう。マンガも食も、ひらりと国境なんて超えてしまうんだなあ……と嬉しくなってしまったのでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加