P1140588.jpg
koma_20141104000600865.gif
※【コマ引用】週刊モーニング2014年第26号「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より
ひさびさにモーニング本誌の「何食べ」から作ってみました。
読んだときから「わーわー、これ絶対食べたい」と興奮した、魅惑のコロッケパン!

コロッケパンと聞いて、マンガ好きが脊髄反射的にまず思い浮かべてしまうのは、「まんが道」のアレですが、「何食べ」ではフランスパンでもコッペパンでもなく、食パンです。それもinではなくon。
シロさん家のパンメニューは、「コンビーフオニオントースト」や「キャラメルりんごトースト」など、リピートして作っちゃう名作が多いので今回もわくわく。

といってもこれまでのパンメニューと違い、けっこう手間がかかります。なんといっても、コロッケはイチから手作り。シロさん家でも朝食ではなくランチとして食べるごちそうトースト。

P1140539.jpg P1140545.jpg
作り方:(※分量は本編をご確認ください)
じゃがいもは一口大に切ってひたひたより少な目の水、塩を入れて茹で、水分を飛ばして粉ふきいもに。本文にもあったけど、フッ素加工の鍋を使うと後片付けがラク!(いものでんぷんが鍋にこびりつくので)

P1140542.jpg
みじん切りした玉ねぎをサラダ油でいため、合いびき肉を入れてボロボロになるまで炒める。塩、こしょう、しょうゆ、ナツメグで味付けし火を止めておく。

P1140549.jpg P1140551.jpg
じゃがいもとひき肉&玉ねぎ炒めをボウルに入れ、ざっと混ぜる。タネが温かいうちに12等分し、小判型にまとめて冷蔵庫で冷やしておく(揚げるときに型崩れしにくくなるらしい)。

P1140555.jpg
その間に、つけあわせのキャベツを千切りしたり、副菜2品(後述)の準備をしたり。

P1140561.jpg
(1)小麦粉、卵、水をよく混ぜたコロモ (2)パン粉
をそれぞれ用意しコロッケのタネを(1)→(2)の順にまぶす(タネが冷えてるので扱いやすいです)。
コロッケ12個分に対して(1)のコロモは少なく思えますが、実際にやってみると気持ちいいくらい、ちょうど使い終える量なことがわかります。揚げ物するとき、コロモが中途半端に余って困ることが多いので、地味にうれしかったり。

P1140564.jpg
フライパンに2~3cmの高さに油を入れて、170~180度で両面がキツネ色になるように揚げます。
油の温度の状況によっては、コロッケが破裂してしまうので手元に注意(そういえば、昔これがトラウマでその後作らなくなったんだった…)。
あと何回かに分けて揚げているとパン粉が下に溜まってくるので、こまめに網杓子ですくって取り除いたほうがいいかも。

たっぷりのキャベツの千切りを添えて完成。
P1140577.jpg

ちなみに作中に登場する食パンは、ケンジが(勝手に)目のカタキにしている、シロさんの美人元カノのベーカリーもの(うちはホームベーカリーで焼いてみた)。

P1140603.jpg P1140608.jpg
食パンにキャベツ&コロッケをのせたら、上から中濃ソースをどばどば。
そのあと箸でコロッケをくずしてからいただきます。

P1140617.jpg
koma2_20141104000602438.gif
※【コマ引用】週刊モーニング2014年第26号「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より
かぶりつくときの「ばふっ」「もがっ」の効果音がたまらん。今回はこの食べ方のマネがしたくて作ったようなもんです。

コロッケなんてスーパーで買ったほうが絶対コスパがいいはずなんですが、だからこそ手作りすると贅沢感がハンパないという。個人的にはコロッケではなく「クロケット様」とお呼びしたいくらい。もちろん市販品でも十分おいしいと思いますが、時間があればぜひリッチな揚げたてのクロケット様も、試していただきたいです。

副菜はこんな2品でした。
P1140575.jpg
オクラの辛みそがけ:
ゆでたオクラにコチュジャン、酢、みそ、みりん、マヨネーズをあわせたタレをかけたもの。ぴりっと辛くて、箸が進みます。このコチュジャンタレ、ブロッコリーとかほかの野菜にも合いそう。

P1140581.jpg
トマトスープ:
鍋に水と顆粒のトリガラスープとしょうゆ、角切りしたトマトを入れて、仕上げに黒コショウをひいたシンプルなトマトスープ。簡単&酸味がきいてて目覚めにもよさそうなので、朝食にもいいかも。

ちなみに今回のエピソードでは、シロさんの勤務先の事務員・志乃さんにとある「おめでた」な出来事が起こります。1巻から読み返すと、少しずつ周囲の登場人物にも変化が訪れてるんですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加