RIMG0779.jpg

発売から1か月くらい経っちゃいましたが、「極道めし」の4巻をやっと手に入れました(なぜか周りの書店には全然置いてなくて、結局Amazonで取り寄せることに;;)

koma_20090601173853.gif
※【コマ引用】「極道めし」(土山しげる/双葉社)3巻より

海外ドラマ風に言うと(?)、204号房の第1シーズン、307号房の第2シーズンに続き、3巻から4巻でいよいよ317号房の第3シーズンに突入しましたが、マンネリになりそうでならないのがすごいなー(たまに登場人物の見分けがつかなくなりますがw)。良質の落語とか、演劇の舞台を見てるようなマンガになってきました(実際に舞台化したら面白そうだな?)。

で、今回作ってみたのは3巻に登場する317号房の鉄さん得意の焼きそば。ストリップの踊り子さんのヒモ時代によく作っていたという、袋入りのインスタント焼きそばに赤いウインナーを乗っけただけの、見た目も味もチープなメニュー。

「麺類は男に任せろ」という言葉がありますが(嘘。今作った。)、こういう料理は確かに何故か、男性に作ってもらったほうが美味しくなる気がする。

RIMG0767.jpg RIMG0772.jpg
懐かしの日清の袋入り焼きそば。マンガのなかでは「一個だと足りんから二個入れて」と説明されてましたが、今回は一袋で……(ダイエット中)。
<フライパンに水入れて沸かし、麺を投入。十分にお湯を吸ったらほぐし、水分がなくなる直前で粉ソースを入れて火を止めます。袋に書かれた作り方よりも、心持ち早めに仕上げるのがコツなのかな?
仕上げに、別に炒めた赤いウインナーと青のりをのせて出来上がり。

RIMG0785.jpg
食べた感想:
縁日の屋台で売ってる焼きそばよりもさらにチープな味がたまりません。赤いウインナーが彩り、箸休め的にいい仕事してます。さすがに野菜ナシはちょっと寂しかったので、キャベツのサラダをサイドメニューに作りました。一人の昼飯やおやつにちょうど良い感じ。

このエントリーをはてなブックマークに追加