「鴨の水かき」(空木哲生)のアジフライ弁当
「最近おすすめの漫画は?」と聞かれたら イチオシしているのが空木哲生先生。
「鴨の水かき」は社員3人の零細デザイン事務所を舞台にしたお仕事漫画ですが、イマ感ありつつどこか懐かしいタッチと、さわやかなストーリーがいいのです。
タイトルどおり、華やかに見えるクリエイター業界の悪戦苦闘を描いていて、デザイナーはもちろんプロダクション系にお勤めの方は、内容にも共感できる部分多いはず(クライアントの無茶ぶりとか、どんでん返しとか、もろもろ…)。

「鴨の水かき」(空木哲生/エンターブレイン/KADOKAWA)1巻より
※【コマ引用】「鴨の水かき」(空木哲生/エンターブレイン/KADOKAWA)1巻より
第二話に登場するのは、お弁当のお話。舞台となる事務所「デザインプラス」の近所にはおいしい店がたくさん並ぶ商店街があり、外食やテイクアウトに便利な環境。
とあるお昼時、新人の沖君、紅一点の前原女史、そして社長がそろって事務所で食事する中、突然社長が「吟味選択した昼食からは…デザイナーの資質が出るっ」と持論を展開。それぞれが選んだ昼食メニューから、仕事のスタンスを分析します。

「鴨の水かき」(空木哲生/エンターブレイン/KADOKAWA)1巻より
※【コマ引用】「鴨の水かき」(空木哲生/エンターブレイン/KADOKAWA)1巻より
三者三様のランチのなかで、強烈においしそうなのが沖君が4日連続でハマっている「小豆堂」の「アジフライ弁当」。
海苔がしかれたご飯の上に、大きなアジフライがどーん。さらに磯部揚げやお惣菜らしきものまで。ボリューム満点でコスパもよさげ、いかにも男子好みのパワー弁当です。
社長の評では「ひとつのことにブレない沖くんらしさがある……だが4日連続は食いすぎだ!!」(もっともな気がする)。

一見むちゃくちゃな理論ですが、好む食べ物から「その人」が見えるとは古今東西言われていること。
我が身を振り返ると、ベトナム料理屋の日替わり弁当を選んだ前原女史のセレクトが近い気がします。アレもコレもついてて、食べたことがない珍しいモノに弱いというか……。

空木先生の食べ物描写は生活感があってどれもこれもおいしそうなのですが、このアジフライ弁当は社長がこってりと語る部分を含めて白眉。妙齢男子が4日連続でがっついた弁当を作ってみます。

容器
お弁当の再現には容器が必須ってことで、作中で使われてるのに似ている弁当用フードパックをお取り寄せ。
こういう業務用梱包材って「最少1000個から発送」みたいなのが多いですが、今回は50パックから発注できて助かった(でも残りどうしよう)。

あじ あじ 三枚おろし
市販のフライ用アジは小さいものが多いので、今回は大き目のを丸ごと買って自分でおろすことに。「何食べ」再現アジのたたきの回で学んだテクニックを復習しつつ。

アジフライ アジフライ2
三枚におろしたら(しっぽはつけたままで)、塩コショウして小麦粉→卵液→パン粉で揚げます。フツーのアジフライ。

いそべあげ いそべあげ2
磯部揚げは、ちくわ(5本入りの小さいやつでOK)をタテ半分に切って、天ぷら粉、青のり、黒ゴマを混ぜたコロモにつけて揚げます。

きんぴら きんぴら2
付け合せは見た目から判断してゴボウとニンジンのきんぴら。
いつもはささがきにするけど、今回はお弁当屋さんっぽく千切り状のきんぴらに。専用器具を使うとラクにできます。
きんぴら3
フライパンに油をひいて、ゴボウとニンジンを投入。砂糖、みりん、醤油でいりつけて白ごまをふって仕上げます。

ご飯 かつおぶし
容器にご飯をすき間なくたっぷり詰めます。海苔の下にはやっぱりこれが欲しいよなー、ってことで、かつおぶしと醤油をまぶしたのをご飯の上にのっけます。

のり
カットした海苔をのせ、きんぴら、フライ二種、たくあんを盛り付けていく。
お弁当の再現はやっぱり工作度高くて楽しい。

食べる前にフタして容器内の湿気度を高めておくのがのり弁の鉄則。
べんとう

ほどよく湿らせたらいただきます。
「鴨の水かき」(空木哲生)のアジフライ弁当

食べかけ
沖君が4日連続で食すほどハマるのもわかる、アジフライとのり弁の威力。
揚げ物作りすぎたので、この後3日連続でこの弁当を持たされるはめになった家人からも「飽きなかった」の声をいただきました(ひどい)。

食ももちろんですが、この漫画、実は一番ステキだと思うのは数々の「タバコ」のシーン。
タクシーのなかのやけっぱちの一服、「ジタン」のパッケージの話、喫煙所での語り合いなど、ほんとイイ演出が多いのでそのへんもどうぞご注目を(嫌煙派の方は不快でごめんなさい…)。


ほぼ同時期に出た短編集の「スナップガール」もおすすめ。さわやか!
このエントリーをはてなブックマークに追加