「深夜食堂」のピータン豆腐と長芋のソテー
久々に「深夜食堂」から。気が付けばもう11巻! すっかりご長寿作品ですが、いつまでもゆるりゆるりと続いてほしい漫画。

登場する料理は誰もが食べ慣れているオーソドックスなものがメインなだけあって、なかなか再現しにくいことが多いのですが、たまに登場するマスターのオリジナルレシピ(?)はつい作りたくなってしまう。
というわけで、11巻に登場するおいしそうなおつまみ2品。

「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)11巻より
※【コマ引用】「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)11巻より
ピータン豆腐:
第145夜のエピソードに登場。やっこの上に厚めに切ったピータン、香味野菜をのせて特製のタレをかけた一品。雑誌編集者・ミナコさんのお気に入り。

みじん切り 豆腐のたれ
作中の説明のとおり作ってみます。
ピータンは適当な大きさに切り、ネギ、ザーサイ、ショウガは細かくみじん切りに。しょうゆ、酒、ごま油、ラー油をよく混ぜたタレを作り、やっこにかけて完成。

ピータン豆腐

刻んだ香味野菜にピリ辛のタレ、ピータンのゼラチン&こってりした黄身のおかげで、冷奴のくせにリッチな味。

「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)11巻より
※【コマ引用】「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)11巻より
さらに、さらにですよ。エピソードには、私の大好きなまゆみちゃんが登場するのですが、ここで「牛すじ大根と玉子のおでん」以来のスペシャルな食べ方を指南してくれます。
オーダーしたピータン豆腐を、白いご飯の上にタレごとぶっかけ、さらにその上にオイスターソース、という荒業!
オイスターソースを…

豆腐はお行儀悪に、ぐちゃぐちゃにかき混ぜる。
ぐちゃまぜ

冷奴にオイスターソースか…と、ちょっと疑りながら&恐々と食べてみたら、これがめちゃくちゃおいしい!
ハマって連日食べてしまったほど。
豆腐丼はもとからあっさりしてて好きだけど、オイスターソースやピータンで「おかず」として成立する感じに。
さすが、まゆみちゃんの食べ方にハズれなし。

「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)11巻より
長いものソテー:
もう一品は、第151夜に登場するこの料理。マスターが開店前に一杯飲んだ居酒屋で食べて気に入り、自己流で作ったメニューらしい。(欄外に「協力◎東京・町屋『あかりや』」と書かれてますが、実在の居酒屋さんのメニューなのかしら)

長芋をソテー しょうゆ
作り方はこちらも超簡単です。皮をむき、フライパンを熱してオリーブ油と塩をひとつまみ入れ、適当な厚さに切った長いもを両面きつね色に焼く。仕上げにしょうゆをひと回ししたら完成。

長芋のソテー
これもお酒が進む。しっかりした味なので、ご飯のおともにもなりそう。
このエピソードは店の常連、AV男優・エレクト大木が主役ですが、ポテトサラダといい彼はなぜかイモ関連のエピソードが多いのが不思議ですね…。

このエントリーをはてなブックマークに追加