RIMG0751.jpg

「フラワー・オブ・ライフ」のメニューが続いたので、たまにはほかのよしながふみ作品からピックアップ。親子を軸にしたオムニバス短編集「こどもの体温」に登場する、シンプルなケーキです。

koma4_20090530223403.gif
※【コマ引用】「こどもの体温」(よしながふみ/新書館)より

ひょんなことから義父のホームパーティの準備を手伝うことになった主人公。ありあわせの材料で用意したのは、ミネストローネ、鳥もも肉のパン粉焼き、インゲンのソテー、そしてこのバターを使わない簡単ケーキ。これらはすべて、ある人の思い出につながる料理で……というストーリー。(関係ないけどこのお義父さん、故・藤岡琢也氏に似てません?)

手際よく出来上がっていく料理の数々、そして「食」がつなぐ人と人の関係。連載中の「きのう何食べた?」の原点がかいま見えるような作品です。

ちなみにこのケーキ、インタビューによると、子どもの頃生クリームが苦手だったよしなが先生のために、お母さまが考案してくれたパウンド型で焼くシフォンケーキのレシピが元になってるんだそうな。

RIMG0723.jpg RIMG0725.jpg
レシピは作中で詳しく解説されてるから安心…と思いきや、分量が曖昧なことに気付き、直前でネットで調べたりしてバタバタしちゃいました。卵白を泡立てたボウルと、卵黄、小麦粉、砂糖、サラダ油、水、塩、バニラエッセンスを混ぜたボウルを用意。
上記を軽く混ぜ合わせてパウンドケーキの型に入れ、中火に予熱したオーブンへ。35分程度焼きます。

RIMG0729.jpg RIMG0732.jpg
焼き上がったのがこちら。ベーキングパウダーを入れてないので、オーブンから出して粗熱が冷めると、ちょっと萎んじゃいました。
粉砂糖と微量の牛乳を練り合わせ、ケーキの上に塗って出来上がり。

RIMG0734.jpg
食べた感想:
ほんとに素朴な味ですが、上の粉砂糖の部分がアクセントになって、なかなかウマイです。ただちょっとパサパサになっちゃったので、もうちょっと分量を計算して、しっとりふんわりさせたいなー。しかしケーキ類って、材料の配分とか変えるだけで、全然違うモノになるのがすごいわー、と菓子作り初心者ならではの感想で〆ます。

2015年追記
「きのう何食べた?」11巻にもこのケーキが登場しました!
詳しい分量も載っていたので、再現し直した記事はこちらからどうぞ。
(※麻さん、コメント欄で教えてくださってありがとうございますmm)

このエントリーをはてなブックマークに追加