リンゴとブリーチーズのクラッカーのせメープルシロップがけ(ぶりんご)
書店に平積みされていて、気になって手に取った漫画「ワカコ酒」。
26歳のOLワカコさんが、居酒屋で「ひとり酒」をたしなむショートストーリー集。
女子版&呑兵衛版「孤独のグルメ」といった感じで、絵もかわいくてそして何よりお酒好きには「あるある」な描写の数々が楽しい(焼き鳥屋さんで好きなものオーダーして「ひとりバイキング状態」、とか)。

歳だけムダにとってしまったものの、自意識過剰なのかいまだにスムーズにひとり酒をこなせない自分にとっては、ワカコさんの日常はうらやましい&あこがれてしまう(魔法の杖があったら新橋のカウンターが似合う壮年のおっちゃんに変身して夜な夜な飲み歩きたい…)。

「ワカコ酒」(新久千映/徳間書店)1巻より
※【コマ引用】「ワカコ酒」(新久千映/徳間書店)1巻より
1巻では、ワカコさんが自宅飲みを満喫するエピソードも登場。ここでも、手抜き・妥協のないひとり飲みワールドが繰り広げられます。

まず一品目が、クラッカーにブリーチーズとリンゴの薄切りを乗せ、メープルシロップをかけた甘いおつまみ
リンゴとブリーチーズのクラッカーのせメープルシロップがけ(ぶりんご)

材料
作者の新久先生いわく「知り合いのカナダ人直伝のおつまみ」(ブリーチーズとリンゴだから、略して「ぶりんご」)だそうですが、確かにメープルシロップを使うところがカナディアン。

ブリーチーズはちょっと大きなスーパーなら手に入りやすい(&値段も輸入物のなかでは安価)し、クセもないので、チーズ初心者にはうれしい。

「ワカコ酒」(新久千映/徳間書店)1巻より
※【コマ引用】「ワカコ酒」(新久千映/徳間書店)1巻より
食べてみると、チーズ+りんごの香り+メープルの甘さ+さくさくのクラッカーの組み合わせが、白ワインにぴったり。たしかに「甘いのにおつまめる」。これは止まらん。
ワカコさんが酒と肴のマリアージュに覚醒するときの「ぷしゅー」はわが家で微妙にブーム中(右図)。

スタッフドオリーブ
飲みながら食紀行的な番組を見ていたワカコさん、テレビで「瓶づめオリーブ」が紹介されたのを見て、家の冷蔵庫に食べかけのスタッフドオリーブがあったのを思い出し、二品目はこちらをつまみに引き続き白ワイン。

この「テレビと同じものを食べる」って、家飲みならではの夢のシチュエーションだよなー(そういえば「深夜食堂」「めしばな探偵タチバナ」とかの食ドラマ見ながら、自分も同じことをやった記憶が…)。

豆のサラダ
三品目は豆のサラダ。作中の説明によると、玉ねぎ、キノコ、エビ、そして数種類の豆をドレッシングであえたサラダ。
ワインに合うものはウイスキーにもたいがい合うんだよこれが!!
というワカコさんの力説にしたがって、こちらはウイスキーのロックで(しかしここで「角」とかじゃなく「White Horse」なところがさすが)。

豆はミックスビーンズ缶+ゆでた枝豆で作ってみたのですが、これもおいしい。サラダなのにお腹にしっかりたまるところも心強い。

発泡酒とミックスナッツ
そしてここでなぜか発泡酒に逆戻り(?)するワカコさん。つまみは惣菜をあらかた食べつくしたのでミックスナッツ。
どこまで飲むんだこの人。最後までついていけるだろうか。
トマトシチュー

ここでようやくシメのトマトシチュー。特に説明はなかったので、鶏肉、じゃがいも、しめじ、セロリ、玉ねぎを炒めてトマト缶とチキンストックでじっくり煮込んだもの。汁物のシメってのもなかなかいいですね。
…と、作中の自宅飲みメニューを追体験して勝手に満足な一夜。
家でひとりで飲む時って、つまみも盛り付けもテキトーになっちゃうけど、ちゃんと「楽しむモード」を演出するのも大事よね、と実感。

ちなみにワカコさん、ちゃんと彼氏はいるようなのですが、お酒を飲むスタイルが違うせいか、今のところ作中で一緒に飲むシーンはナシ。ドライな性格だから……というよりも、それだけお酒と、その時間を愛してるからなのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加