「すごいよ!!マサルさん」クリスマス―ケーキ
あけましておめでとうございます(今更なのでおずおず)。去年はなかなか更新もできず、コメントもお返しできず、心苦しいまま新年を迎えました…。今年こそいろいろぼちぼちがんばりたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
と言いつつ、去年のクリスマスに作ったものを今更アップするんですが…。

雑誌のなかで、ギャグ漫画はいわば箸休め的な存在でした。お目当てのストーリー漫画を追う途中で、息抜きに読むような。
天下の少年ジャンプで連載が始まった「すごいよ!マサルさん」は、「箸休め」なんて言えないくらい強烈でした。毎回息ができない状態に陥る致死量レベルのギャグ。電車のなかでは絶対読めない、凶器のような漫画だったのです。ギャグ漫画界にはたくさんのエポック的作家がいますが、うすた先生以前(BU)・以後(AU)の境界も確かに存在するはず。

そしてうすた先生といえば、吉田戦車先生と同様に食べ物の描写がギャグ作家のなかでも突出しています。
たくあん弁当や、ナタ・デ・ココの冷奴、ガム入りししゃも……。うすたワールドのシュールな食べ物の数々、どれも忘れられません。
ギャグ漫画の魅力は、常識や既成概念をドンガラガッシャンとひっくり返してしまうところにありますが、だからこそ食べ物のような日常の細部への観察眼が必要なのかもしれない。

「すごいよ!!マサルさん」(うすた京介/集英社)5巻より
※「すごいよ!!マサルさん」(うすた京介/集英社)5巻より
そんな「マサルさん」にも、クリスマスのエピソードが登場します。
セクシーコマンドー部で、クリスマス会を開くことになったマサルたち。ケーキも「チョコ」「マロン」「チーズ」の3種類を用意して準備万全…のはずが、部のマスコット「めそ」が全部たいらげてしまう事態に。この日のために甘いものを絶ってまで、ケーキを楽しみにしていたモエモエは、ショックのあまり蒼白。

ちなみにこのめそ君、外見はぬいぐるみのような愛らしさですが、実は背中にチャックがついていたり、そのチャックがたまに開いて何かが出ていたりと、出来るなら正体を知らずにいたい……と思わせる、部員のなかでもアンタッチャブルな存在。

そんなめそが反省し、持ってきたのが、「チョコとマロンとチーズケーキが全部入った」不思議なケーキ。これで無事パーティーは再開されることに。しかしこのケーキ、あきらかに形状がおかしいです。「どこかからひり出した」感が満載です(言わずもがな)。なんとも食欲がうせるオチの話でした……。

でも考えてみると、チョコとマロンとチーズケーキがミックスされたケーキって、ちょっとおいしそう。ってことで気になっていたこのメニュー、以前も試作したことがあったのですが、クリスマスに再挑戦。

3種類の内訳ですが、今回は
チョコ=スポンジ、マロン=間に挟むクリーム、チーズ=コーティング&デコレーション用クリーム
でいってみます。

スポンジケーキ3 スポンジケーキ4
作り方:
チョコレートスポンジを作る(15型)。今回は市販のスポンジケーキミックスにココアパウダーを混ぜたお手軽版。スポンジは3段にスライスして、洋酒入りのシロップをハケで塗ってしみこませておく。

マロンペースト マロンクリーム
マロンクリームを作る。マロンペースト(缶)と生クリーム(100cc)をホイップし、細かく刻んだ栗の甘露煮を混ぜる。

デコレーション
スライスした2枚のスポンジにたっぷり塗る。

チーズクリーム デコレーション2
チーズクリームを作る。レンジでやわらかくしたクリームチーズと砂糖、生クリーム(100cc)をゆるめにホイップする。これを3段に重ねたスポンジの上からでろでろと流す(全部使わず、デコレーション用に少量残しておく)。

残りのチーズクリームを固めに泡立て直し、絞り器でデコレーション。栗の甘露煮、チョコプレートを乗せて完成。

クリスマスケーキ

切り分け
食べた感想:
切り分けるとこんな感じ。うん、意外に普通だ。マサルたちが違和感を持たないのも無理ないかもしれない。
チョコ、マロン、チーズの3種類を一度に食べる機会なんてなかなかないけど、「これはアリなんじゃないか」と思える。チョコとマロンの組み合わせはよくあるけど、チーズが入るとちょっと大人っぽい味になるのね。
でもどうしても食べていて脳内でチラつくのが、「めそがひり出した」というイメージ。
マンガの料理って、ストーリーに登場することでより「おいしそう」感が掻き立てられるのが普通ですが、エピソードを知ると逆に食欲がなくなる……という珍しいパターンの料理かもしれません。


おまけ

マサルたちのクリスマスパーティー、もうひとつのメインディッシュはこれ。
「すごいよ!!マサルさん」(うすた京介/集英社)5巻より
※【コマ引用】「すごいよ!!マサルさん」(うすた京介/集英社)5巻より
豚足。
クリスマスと言えば、七面鳥とかチキンとかローストビーフとか、ちょっと豪華な肉料理が食卓を華やかに飾るものです。しかし同じ肉でも、豚足だとこんなに禍々しいことになってしまうのか……という事実に戦慄するシーンです。

トン足
実は「肉のハナマサ」でこの冷凍豚足パックを発見して、「今年のクリスマスはマサルしかないか…」と決意したのでした。初めて対峙する豚のおみ足、生々しい……(でも丸焼き用の鶏だって、生の状態はたいがいグロいよね)。

香味野菜
豚足は一度茹でこぼし、そのあと寸胴鍋に水、豚足、香味野菜を入れて煮込みます。

トン足ゆであがり トン足焼く
2時間煮込むと、豚足はもうトロットロの状態(後日このスープでラーメン作ったらめちゃくちゃおいしかった)。
このまま食べるか迷ったけど、クリスマスらしく(?)オーブンで焼くことに。

トン足ライトアップ
「クリスマス何それ(死)」というアンチクライスト派の皆様、ぜひ今年のクリスマスは「マサルさん」のサバト的ナイトでお過ごしください。


国産豚足2本入り

国産豚足2本入り
価格:410円(税込、送料別)