P1090947.jpg
「家政婦・里シリーズ」の最新作「誰そ彼の家政婦さん」。
料理一色だった前作にひけをとらず、今回も里のおいしそうな料理がたくさん登場します。
中編の「しのぶもぢずり」は、バツイチ・男やもめの信夫さんのもとに「顔を合わさないこと」を条件に派遣された里が、掃除や作り置きの料理で交流していく様子が描かれます。

契約通りお互いに顔を知らず、書置きする手紙のやりとりで関係が深まっていく前半は、まるで平安時代の恋もようのようで、情趣たっぷり&ドキドキ。

「誰そ彼の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
※【コマ引用】「誰そ彼の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
「スルメと大根の煮物」は、とある事件からついに二人が対面したのち、里が信夫に教えた料理。本来は「海老と冬瓜の煮物」ですが、その場にあった材料でアレンジしたのがこちら。

料理上手の里が作る和食、さぞ時間も手間もかかるもの……かと思いきや、実は炊飯器ひとつでできてしまう簡単料理なのです。

P1090914.jpg
材料:
大根、こんぶ、するめ、鷹の爪。あと調味料に酒、みりん、塩。

P1090917.jpg
炊飯器に4~5cmに輪切りした大根(念のため面取り、十字切り込みも)、するめ、こんぶ、鷹の爪を入れ、ひたひたの水を注ぎ、酒、みりん、塩を適量入れる。
炊飯器を「おかゆ」モードにしてスイッチオン。ザッツオール!! めちゃ簡単。
(おかゆモードがない場合は、普通炊きを長めにすればいいような気がする)

P1090941.jpg
炊き上がり、こんな感じ。イカの匂いがぷーんと漂います。
大根をちょっと厚めにしたせいか、トロトロまではいかず。もうちょっと長く加熱してもいいかも。

皿に盛って、お好みで「かんずり」を添える(なければ柚子胡椒でもよさそう)。
P1090961.jpg

P1090979.jpg
食べた感想:
イカの出汁が大根によく染みて、派手さはないけどあたたかくてほっとする味。
あんま飲めないけど、本能的に日本酒がほしくなります。
出勤前に仕込んでおけば、帰宅時にはこれで一杯できる……って、なんて素晴らしいんだ炊飯器料理。こんなのさっと出されたら、そりゃ信夫さんも落ちるよね。

あとスルメってそのままあぶって食べるだけじゃなく、こういう「乾物」的な使い方もアリなのね、と目からウロコでした。酒飲みさんじゃなくても常備しといて損はないかも。

「誰そ彼の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
※【コマ引用】「誰そ彼の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より
そしてやっぱりもうひとつのレシピも試したくなってしまい、「海老と冬瓜」バージョンも作ってみることに。

P1090982.jpg
材料はスルメ→海老、大根=冬瓜 に置き換えるだけ。ほかは調味料含め同じ。

P1090986.jpg P1090987.jpg
海老は日本酒入れたお湯でさっとゆで、殻をむいておく。殻は炊飯器にダシとして入れて、身はあとで温めて添えるのでとっておきます。
冬瓜はタネをとって皮をむき、大き目に切っておく。炊飯器に海老の殻、昆布、冬瓜、鷹の爪を入れてひたひたの水を入れ、あとは同じく酒、みりん、塩で味付けしてスイッチオン。

P1090990.jpg
炊き上がりこんな感じ。
こっちはおかゆモードだと、トロットロの状態に。通常の炊飯モードでも十分かも。
海老の殻を取り除き、とっておいた海老の身を入れ、炊飯器を保温状態にしてしばらく温めます

温かい状態もいいけど、こっちは冷やして食べてみた。オクラをさっとゆでて半切りにしたものも添えます。
P1100008.jpg

P1090999.jpg
箸で持ち上げられないくらい、冬瓜がトロトロ!
海老殻の出汁がじっくりしみこんで、これもお酒がほしくなる味。
大根が冬向きなら、こっちは夏向きかも。そういえば「冬瓜」という名前のくせに、旬は夏なんですね、この野菜……。

「里」シリーズを読んで毎回感じるのは、料理だけじゃなく掃除や洗濯、そんな些末な家事の積み重ねが、日常を大きく動かしていくという説得力。なにかを変えるのに、劇的なことはそれほど重要じゃないのかもしれない。
でも家事がんばろう&ちゃんと暮らそう…という前に、やっぱ単純に「うちもSランク家政婦ほしい!!」です…。

このエントリーをはてなブックマークに追加