「きのう何食べた?」キムチチゲ ジルベール風
「何食べ」7巻が出ました! クリスマスにお鍋など、冬っぽいメニューがたくさん登場するので時期的にうれしい。
シロさんとケンジ、いつもの2人の食卓だけでなく、周囲のキャラクターたちの食の描かれ方も楽しい本作。今回の巻では、お友達のゲイカップル、「ジルベール」ことワタル君のお料理が出てきます。

同居する小日向さんをいつも小悪魔的態度で翻弄するジルベール・ワタル(ヒゲのおっさん)、何をしてる人なのか…この性格で会社勤めとかできるのかしら…と気になっていたのですが、初めて職業が明かされます。ズバリ、ゆるふわ系デイトレーダーです。もっと噛み砕いて言えば、小銭のあるニー(以下略)。

「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)7巻
※【コマ引用】「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)7巻より
そんな自由人なジルベールですが、一応料理はできるようです。小腹が減って半端な時間にひとりで作って食べるのが、キムチチゲ(と、白いごはん)。
あさりと豆腐が入っていて、インスタントではなく自分でスープを作るなど、本格的でおいしそう。

だし
作り方:
まずだしの準備。和風だしの素でもOKのようですが、作中にあわせて(小日向さんが夕飯用の仕込んでいた)煮干しだしをとります。

肉に下味 炒める
ざく切りした豚バラ肉を鍋のなかに入れて、おろししょうが・にんにく、一味とうがらし、醤油、酒、ごま油をぐちゃぐちゃ揉みこむ。
このまま火にかけるので、別のボウルで揉むなんてことしません。横着なようで、合理的。
鍋をそのまま火にかけて肉を炒め、キムチを入れてさらに炒める。

だしをそそぐ コチュジャン
煮干しだしを注ぎ、みそ、コチュジャン、キムチの漬け汁で味付け。ここはジルベールも「気まぐれなプリマ・ドンナ」のように投入してるだけなので、あまり厳密でなくてよいようです。

あさり
何より味の決め手は、あさり。
冒頭のクリスマスのエピソードでもあったとおり、砂をかむのが嫌であさりは苦手なジルベールですが、このチゲには、スープのだしとして「絶対必要」らしい。
シロさんに教えてもらったらしい「冷凍あさり」(うちも常備するようになりました。便利!)を、凍ったままどばどば投入します。

豆腐 たまご
えのき、豆腐も投入して鍋にフタをする。あさりの口が開いたら、生卵を落とす。

にらねぎ
ざく切りしたネギとニラを入れて軽く火を通したら完成。
お皿に盛るときは、せっかくの半熟卵がくずれないように注意。

「きのう何食べた?」キムチチゲ ジルベール風

「きのう何食べた?」キムチチゲ ジルベール風
食べた感想:
白いごはんをスープにひたしつつ、途中で卵の黄身をくずしつつ食らいます。
簡単なのに、肉・魚介・野菜・卵・豆腐、といろんな具材がバランスよく入っていて、まさに「一品で完全食」。
ニンニクのパンチ力、キムチの酸味とコチュジャンの辛み、卵のまろやかさ、いろんな旨みが一度に味わえるのが魅力。そしてあさりのだし。これがないと、確かにスープに奥深さは出ないなあ、と思える隠れた主役。

作ったのは雑誌掲載時だったのですが、この記事書いてたらまた食べたくなってしまった……。ジルベールみたいに、お腹が減った時にひとりでこっそり作って、欲望のままにガツガツ食べる、ってのがいいな。

そして夕飯を作るつもりで帰宅したのに、台無しにされた小日向さんの狼狽ぶりと翻弄されぶりが相変わらずで、いろんな愛の形があるよね…としみじみ。

このエントリーをはてなブックマークに追加