「リーチマン」のザワークラウトとソーセージの煮込み
「モーニング」連載中にお気に入りだった「リーチマン」が2年越しでようやく単行本化。
フィギュア造形師を目指す専業主夫・達郎と、デパートで販売員として働く妻の結婚生活を描いた作品。主人公が同じ名前なことからわかるとおり、作者の米田先生自身が家事をこなしつつマンガを描く兼業主夫だそう。

文学と同じで、マンガも私小説的なものってめっぽう面白い&個人的に好みなんですが、これもそのひとつ。
夢を追う夫とそれを支える妻……というのは、昭和なら亭主関白物語になる設定ですが、友だち夫婦的な対等な関係のなかで、日々の軋轢や愛情を描写しているところがイマドキだなあ、と面白いです。極端にでっかい旦那と小さい嫁、というキャラクターの見た目も童話っぽくていいのです。

「リーチマン」(米田達郎/講談社)1巻より
※【コマ引用】「リーチマン」(米田達郎/講談社)1巻より
専業主夫が主人公なだけあって、おいしそうな料理も登場します。
巻末にレシピのあった「たらいうどん」もアユの季節になったら試してみたいけど、今回は第3話の冒頭で達郎が仕込んでいたザワークラウトに挑戦。
スパイスを自分で挽くところから作る本格派で、いかにも男の料理!ってところがそそります。

材料
材料:
使うスパイスは、粒こしょう、塩、唐辛子、ローリエ、キャラウェイシード。

材料2 すりばち
これをすり鉢に入れて、粉状になるまでゴリゴリとつぶしていきます。
ローリエがなかなかしぶとくてつぶれない…(パウダータイプがあれば、そっちを使う方が楽かも)。

キャベツ千切り
キャベツは適当な千切りに。今回は1/2玉。

白ワイン もみこむ
漬物用の容器に千切りキャベツとすりつぶしたスパイス、それから白ワイン少々を入れてよく揉みこむ。
容器いっぱいにあふれそうだったキャベツも、しんなりしてくると意外に落ち着きます。

漬ける
重しをして(作中ではバネ式の漬物容器を使ってました)一週間放置。常温のほうが発酵しやすいかしら…と迷ったけど、日中はまだ暑い季節だったので念のため冷蔵庫へ。

一週間後
こちらが一週間後の状態。水分がガンガン出てます。
味見してみたけど、それほど酸っぱくないのでまだ発酵させる余地はあるかも。

「リーチマン」(米田達郎/講談社)1巻より
※【コマ引用】「リーチマン」(米田達郎/講談社)1巻より
このザワークラウトが「ソーセージの煮込み」にぴったり、ってことらしいのですが、作中にはそのシーンは登場せず、ケガをした達郎の代わりに妻が作った料理の付け合せにおさまることに。

めったに料理しない妻が作るのは、決まって「手間とコストを惜しまない」カレー。
米田家では「男の料理」と呼んでいるようで、性格もオトコマエでカッコいい妻ならではな感じがステキ。

嫁のカレー
カレーの付け合せにザワークラウト、意外にぴったり。キャベツの酢漬けを出す店(インディアンカレーだっけ)もあるし、合わないはずがないか。

……と満足したところで、作中には出てこなかった「ソーセージの煮込み」も食べたくなってしまったので、勝手に想像して作ってみることに。

ちなみにザワークラウトって、漬物のように肉料理に添えるだけのものかと思っていたら、肉と一緒に煮込む食べ方もあるらしい。ちょっと面白そうなので、こちらのレシピを参考に挑戦してみた。

ソーセージ
ソーセージは何にするか迷ったものの、でーーんとでっかいもののほうが豪快でいいかも、と思ったのでこれ。皮をむいて食べるタイプの白ソーセージ。

玉ねぎを炒める ザワークラウト投入
鍋にバターを入れて熱し、みじん切りした玉ねぎをしんなりするまで炒める。
軽く水気をしぼったザワークワウトを投入し、ひたひたの水とコンソメを入れて煮立たせる。

ソーセージとじゃがいも
半分に切ったじゃがいもとソーセージをのせ、白ワインとオールスパイスを少々入れてフタをし、じゃがいもが柔らかくなるまで煮込む。

皿に盛って黒こしょうを挽き、粒マスタードを添えて完成。
「リーチマン」のザワークラウトとソーセージの煮込み

ドイツ料理って、ビジュアルに「世界名作劇場」感があって妙にそそるよなー、といつも思う。
「リーチマン」のザワークラウトとソーセージの煮込み
食べた感想:
ザワークラウトのスパイスと塩気がスープにいい味を出してくれていて、なるほどこういう使い方もあるのか、とちょっとびっくりする美味しさ。
家人は酸っぱいものが苦手なのでこれくらいがいい、とのことですが、今度はもっと発酵させた状態のもので作ってみたいなー。


このエントリーをはてなブックマークに追加