「きのう何食べた?」チンジャオロースーほか

「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)6巻より
※【コマ引用】「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)6巻より
先日6巻が出た「きのう何食べた?」より、ちょっと早いけど夏休みのエピソードのメニューを作ってみました。
・チンジャオロースー
・きゅうりのピリ辛漬け
・焼きなす
・かぼちゃとみょうがのみそ汁

ピーマンにきゅうり、なす、みょうがなど、大好きな野菜がたっぷりなので、雑誌掲載時から作りたかった献立。夏って野菜に一番パワーがある季節だからか、スーパーの青果売り場に行くだけでテンションが上がります。

きゅうりたたく
きゅうりのピリ辛漬け:
きゅうりは麺棒などで全体をたたいてヒビを入れ(邪念が溜まってたのか、強く叩きすぎた…)、4等分に切った後、縦にも4等分する。
(単行本のよしなが先生の解説によると、この時、きゅうりの真ん中の種の部分をこそいでおくと、より◎とのこと)
たれ きゅうり投入
フライパンで豆板醤をごま油で軽く炒めて火を止め、しょうゆ、酢、砂糖、おろしにんにくを入れてタレを作り、きゅうりとざっと絡める。容器に移して冷蔵庫で冷やす。
この工程、ケンジがシロさんの指示で作ってたけど、休みの日はちゃんと手伝うところがえらいなー。

なす下ごしらえ
焼きなす:
ヘタに包丁を一周させてガクを取り、260度に予熱したオーブントースター(我が家は250度までしか上がらないオーブンだけど、大丈夫でした)で30分焼く(途中で裏表返す)。

なすの皮むく 切り込み
なすが焼きあがったら、氷水で手を冷やしつつ熱いうちに皮をむき、ヘタを切り落として縦に切り込みを入れる。あっついわ皮がうまくさけないと焦るわアクで手がかゆくなるわ、で毎回てんやわんやになる作業です。

「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)6巻より
※【コマ引用】「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)6巻より
けっこう労作なのに決してメインにならない焼きなす…
という一連の2人のつぶやきにウケましたが、確かに焼きなすの手間パ(手間パフォーマンス)の悪さは異常…。そして美味しさも異常…。
そのせいか、居酒屋のメニューで発見したら必ず頼んでしまう。そして作った人に感謝の念をおくらずにはいられない。それが焼きなす…(ラブ)。

肉下ごしらえ たけのこ
チンジャオロースー:
薄切りの豚肉を細切りし、しょうゆと酒、こしょうをもみこんで下味をつけ、片栗粉をまぶしておく。水煮たけのこは繊維にそって千切り、ピーマンは半分に割って斜めの千切りに。

ネギいためる 味付け
中華鍋に油を入れてニンニク、しょうが、ねぎのみじん切りを炒める。豚肉を入れ、色が変わるまで炒めたら、ピーマンとたけのこを入れ、オイスターソース、しょうゆ、砂糖で味付け(豚肉に下味がついているので、それぞれ少量でOKかと)。仕上げにごま油をたらして完成。

写真には写ってないけど、「夏休み特別晩酌」なのでビールも並べる。
(といっても、うちは毎回「何食べ」メニューでがんがん飲んでるのですが…)

「きのう何食べた?」チンジャオロースーほか

チンジャオロースー
チンジャオロースー。甘辛い味付けがご飯にぴったり。肉に片栗粉で下ごしらえすると、タレがよく絡むからやっぱりおいしいな。

きゅうりのピリ辛漬け
きゅうりのピリ辛漬け。分量どおりだとたくさんできるので、常備菜に活躍しそう。
豆板醤の辛さに酸味、パリパリした食感でビールがすすむつまみ。
よしなが先生の注釈どおり、きゅうりの種は取った方が水っぽさがなくなってより美味しいかも。

かぼちゃとみょうがのみそ汁
かぼちゃとみょうがのみそ汁。ちょっと意外な組み合わせですが、かぼちゃのほっくり感にみょうがの香りが入ると、一気に夏っぽくなってなかなかおいしい。

焼きなす
そして焼きなす。おかかとおろししょうがを乗せて、上からかけるのはしょうゆでもポン酢でもお好みで。
ああほんと、労力の割になんでこんなに食べるのはツルっと一瞬なんでしょう、焼きなすってのは…。食後はいつも「諸行無常」的なワードが頭に残ります。

このエピソードでは、シロさんが料理を始める過去のきっかけもさらっと明らかになるんですが、意外に遅咲きだったことにびっくり。でも今や主婦顔負けの腕になってるってことは、やっぱスジというかセンスがよかったんでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加